インフラジスティックス・ジャパン株式会社Blog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

エンタープライズ向けローコード開発ツール ベスト8 【2022年版】

ローコードツール

ローコード開発プラットフォームは、この種のツールを導入することに懐疑的な開発者 (および開発マネージャー) がどれほどいても、消え去ることはないでしょう。 これら自動化テクノロジーは既に、それらを使った近代的アプリケーション開発を避けられないところまで到達しています。 とりわけ、市場投入までの時間がビジネス上の優位性を決定的に左右する今日では、デジタル製品チームは、これまでよりはるかに短い期間で合理的なソフトウェアソリューションの出荷を可能とする、あらゆるツールを使っています。

ビジネスリーダーは、出荷スピードを上げると同時に、より機敏な企業を築き上げるために、ローコード開発ツールに注目しています。ローコード開発ツールは、プロの開発者や市民開発者など、ほぼどんなタイプの開発者に対しても、"使いやすさ" を約束します。それらローコード開発ツールは、コンポーネントベースの WYSWYG によってソフトウェア開発人材の不足に対処し、スケーラビリティ、アプリケーションの民主化、生産性、そして俊敏さを、より簡単でより自然に促すように設計されています。

この記事では、次のことを学ぶのに役立ちます。

なお、インフラジスティックスのブログでは、既にとても洞察力に富んだ有用な記事を2本を公開していますので ("ローコード開発とノーコード開発:どちらを選択するか""ローコード開発とは? - いまローコード開発が注目されている理由")、 この記事ではローコード開発の定義やローコードプラットフォームとは何かについては深入りしません。
上記記事では、鍵となる疑問への回答、伝統的なアプリケーション開発とローコード開発との比較と対照、開発チームにおけるこれらツールの利点と欠点の要点、といった綿密な情報を提供しています。

その代わりこの記事では、企業にとってのローコード開発の重要性、および、こういった類いのアプリケーションアクセラレータと自動化プラットフォームの統合がビジネスオーナーにどのような利益をもたらすのか、に焦点を当てます。

ローコード開発、ローコードプラットフォームとは?

ローコード開発では、IT プロフェッショナルやコーディング経験の浅いプログラマーが苦労して一行ずつコードを書くことなくアプリケーションを構築することができます。コードを書く代わりに、包括的な UI コントロールライブラリ、再利用可能なドラッグ & ドロップコンポーネント、構築済みのアプリケーションテンプレート、カスタマイズやブランディングのための追加オプションなどを提供する、ローコードプラットフォームを活用してアプリケーションを開発することになります。

ビジネスの観点から見ると、ローコード開発は、大規模産業(バイオテック、フィンテック、臨床研究、科学、文化・娯楽など)に対して、より多くのイノベーションを求め続ける需要に追いつき(さらには追い越し)、ソフトウェア開発者の不足に対処し、デジタル変革の恩恵を享受し、ビジネス価値を高め、ROI を向上するための手段である、と言えます。

どのような場合に企業向けローコードプラットフォームをビジネスで採用するか?

1. IT部門のワークフローを最適化することが目的の場合

ローコードツールは、IT 部門にリソース配分と機敏さの面でより多くの柔軟性をもたらします。もはや経営陣は、求められていることの 1/3 すらも達成する見込みがないのに、アプリケーションバックログを見る必要はないのです。 ローコードツールを使用すれば、より多くのアプリケーションをより速く、より少ないバグで提供し、そのスキルに依存しているビジネスユニットの満足度を高めることができます。 また、ローコードツールによって、IT 部門はクラウドサービスを新しい方法で段階的に利用できるようになり、オンプレミスのハードウェアのプロビジョニングとメンテナンスを、より安価で高いセキュリティを保ちながら、稼働時間のサービスレベル契約を含むクラウドに押しやることができます。

ローコードツールは、他にも次のような利点があります。

  • ドラッグ & ドロップによる開発体験で、アプリケーションの開発コストを大幅に削減します。
  • あらかじめ定義されたパターン、テンプレート、コンポーネントを含むツールにより、UI/UX のバグを削減します。
  • 高品質なコード出力により、長期的なメンテナンスコストを削減します。
  • 人工知能、機械学習、高度な分析など、新しいテクノロジーへの試みを促します。
  • 技術の移行に伴うコストを最小限に抑えます。
  • ビジネスワークフローの自動化を促進します。
  • クラウドベースのソフトウェアには、拡張性、柔軟性、セキュリティ、データの暗号化などの利点があります。

2. クロスプラットフォームとアクセシビリティを実現し、アプリケーション開発を民主化したい場合

ローコード技術により、アプリ開発のライフサイクル全体を民主化し、1つのプロジェクトに多くの人を参加させ、複数の分野の融合チームを形成することが可能になります。ローコード開発ツールは、信頼できる共有の単一ソースとして機能するため、アイデア出し、コミュニケーション、コラボレーション、管理、設計、プロダクションレディのコード生成、開発、配備、テスト、アップグレード、ドキュメント作成、製品のマーケティングなどの業務において、重要な時間を節約できます。

つまり、外注プロジェクトで働くリモート開発者や市民開発者、アプリケーションをテストできる関係者やビジネスアナリスト、そしてこのようなローコードツールがサポートする完全なデザインシステムを活用するデザイナーまでをも取り込み、デザイナーと開発者のハンドオフをはじめとした様々な改善ができるのです。

3. 経験豊富な IT プロフェッショナルの不足などの経営課題を克服したい場合

インフラジスティックスが発表した最新の 「2022年のソフトウェア開発の課題」Reveal 調査では、回答したソフトウェア開発者とIT専門家の 53% が、今年最大のビジネス課題は適切なスキルを持つプログラマの採用であると強調しています。

"Reveal 調査で明らかになったその他の主な困難には、現在の人材の維持に苦労している (46%)、仕事を終わらせるのに十分な時間がない (31%) などがあります。ソフトウェア業界関係者の 3 分の 1 以上 (40%) が顧客要求の増加に直面し、39% が限られたリソース (予算不足、ソフトウェアのメンテナンスができない) で仕事をしています。"

マッキンゼーの最近の調査によると、人手不足の影響を最も受ける事業分野は以下の通りです。

図1: マッキンゼー・アンド・カンパニーのスキル・ギャップに関する調査結果

ローコードツールを導入することで、ソフトウェア開発者の不足や IT 人材の不足など、2022 年のビジネスにおける主要な課題に対処することができます。

当社の SVP である Jason Beres は、次のことを強調しています:
「パンデミックは、ソフトウェア業界が直面している最も重要な課題の1つである、より多くのプロのソフトウェア開発者の必要性を浮き彫りにしました。最新のローコード/ノーコードツールにより、専門家と一般開発者の両方が、新しいアプリケーションを作成したり、既存のアプリケーションを拡張したり、複雑なタスクを自動化したりすることができます。これにより、世界的にフルタイムの開発者不足に直面している組織が感じている苦痛の一部を軽減することができます。」

4. よりアジャイルでコンポーザブルな企業モデルの確立を目指す場合

ガートナー社のレポート「Future of Applications: Delivering the Composable Enterprise」レポート1において、Gartnerは、「コンポーザブル・エンタープライズとは、パッケージ化されたビジネス機能の組み立てと組み合わせによって、変化するビジネスニーズに革新的に対応できる組織である」と説明しています。これらの能力は、ローコードツールから抽出することができ、与えられたアプリケーションの中で、より優れた、直感的で、超パーソナライズされたユーザー体験を生み出すと同時に、デザイナー、開発者、関係者、融合チーム間の深いコラボレーションを促進することができます。

今起きているハイパーデジタル化に、企業や事業が迅速かつ効果的に適応することが不可欠になってきています。そして、ローコードプラットフォームのような自動化ツールを活用し、「コンポーザブル・エンタープライズ・モデル」を確立しようとする経営者が今、人気を集めているのです。

このコンポーザブルパラダイムは、高度な適応性を持つ働き方を刺激し、共創の方法論を採用し、データを活用するのに役立つものです。さらに、コンポーザブル・エンタープライズ・モデルは、ビジネスオーナーとそのIT部門に、開発プロセスを独立して、または相互に適用する能力を同時に提供し、製品全体の市場投入までの時間を短縮します。これは、ビジネスのミクロからマクロ、および単一のオペレーションから企業全体までに影響を与える DevOps の変化を利用するための素晴らしい方法となります。

5. より良いビジネスインテリジェンスを推進することが必須の場合

企業向けローコード開発プラットフォームの中には、ビジネスインテリジェンス戦略を促進する包括的なデータエンジニアリング機能を搭載しているものがあります。チームが重要なデータをリアルタイムで処理、保存、生成、および分析するのを非常に簡単にするオプションがあり、ビジネス、従業員、およびソフトウェア開発業務全般について有益な決定を下すのを支援します。

エンタープライズ向けローコード開発ツール ベスト8

App Builder

図: App Builder - WYSWYG 編集

概要:
デザインからコードまですべてを合理化するローコード WYSIWYG アプリ開発ツールです。あらゆる規模の企業向けに作られており、DesignOps と DevOps を使用して主要なプロセスを自動化することにより、現代のソフトウェアソリューションを迅速に構築し、全員のための信頼できる唯一のソースを作成し、コラボレーションを合理化し、データ駆動型の意思決定を行い、デジタル変革をスムーズに行うことができます。ほとんどのコンポーネントには、一般的な使用シナリオをサポートするためのプリセットが組み込まれています。Infragistics のクラウドベースのドラッグ&ドロップ式の App Builder ™ には、ビルド済みのアプリケーションとレイアウトテンプレートも含まれているため、開発者は機能的なアプリケーションシェルをすぐに使い始めることができます。

図: App Builder - コード生成

主な特徴:

  • 直感的なインターフェイス
  • フレキシブルなレイアウト
  • 60 以上の UI コントロールとネストされた UI 要素の位置を変更するオプション
  • フレキシブルで再利用可能なクイックアドコンポーネント
  • コンポーネントとビューの間、またはコンポーネント間だけで設定できるインタラクション
  • データバインディング
  • ユーザーおよびユーザビリティのテスト
  • ビルド済みのテーマ(Material、Bootstrap、Fluent)、設定可能なパネル、スタイル、タイポグラフィ、その他
  • シングルページ/マスターディテールアプリの作成とルーティングによるリッチナビゲーション
  • Angular 用の HTML、TypeScript & CSS、Blazor 用の Razor と SCSS(React と Web Components は近日公開予定)
  • 実行中のアプリがどのように見え、感じ、動作するかを確認するためにデザインを操作できるインスタントコードプレビュー
  • 生成されたコード出力の GitHub 統合
  • 既存のデザイン、サンプルアプリ、デフォルトレイアウト、またはスクラッチからアプリを作成する機能
  • Sketch、Adobe XD、その他の主要なデザインツールとの互換性

スライド: App Builder の紹介

App Builder の特徴や機能については、以下の製品概要とチュートリアル動画 (英語) もぜひご覧ください。

最適な用途:
エンタープライズグレードのアプリ、Eコマースアプリ、フィンテック、トラベルアプリ、チームコラボレーション、プロトタイピング、ユーザーおよびユーザビリティテスト、リアルタイム分析、およびコンポーザブルビジネス戦略の構築。経験豊富なプログラマー、市民開発者、デザイナー、関係者に最適です。

Appian

図: Appian

概要:
開発者がワークフロー図を描くだけで、複雑なプロセスを自動化し、データを統一し、アプリ開発を効率化することを目的としたローコードプラットフォームです。あらゆるデバイスに簡単にデプロイできるカスタムアプリを作成することができます。クラウドベース、オンプレミス、ハイブリッドなど、いくつかのデプロイメントオプションがあります。ユーザーフレンドリーな Appian は、チーム間のより良いコラボレーションを促進するためにも使用されます。

主な特徴:

  • ダイナミックなオフライン・モバイルとオフライン UX
  • ワンクリックで展開
  • 案件管理
  • ソーシャルコラボレーション機能
  • ライブ画面共有
  • ビジネスプロセス管理 (BPM)
  • 3 ステップのアプリ開発
  • IoT デバイスとの連携
  • ドラッグ&ドロップ操作
  • IE11 対応
  • ロボティック・プロセス・オートメーション機能
  • マルチユーザー、マルチデベロッパー機能
  • シームレスなデータ統合
  • プリビルド UI フレームワーク
  • パフォーマンス監視とデバッグ機能
  • サイトからのソースオブジェクトの表示機能

最適な用途:
ビジネスプロセス管理アプリケーション、文書管理、対話型レポート、データ解析の開発

Betty Blocks

図: Betty Blocks

概要:
ビジュアルなインターフェースを通じてアプリのワークフローを構築できる、ノーコードのドラッグ&ドロップ式エンタープライズアプリ開発ツールです。迅速な開発と柔軟性をサポートする Betty Blocks は、アプリケーションの一部を他のプロジェクトで再利用することが可能です。完全な Web ベースなので、デプロイの必要はありません。

主な特徴:

  • アプリのロジックを定義するためのツールやアクション
  • ページビルダーとビジュアルモデリング
  • 再利用可能なドラッグアンドドロップブロック
  • あらゆる種類のウェブサービスに接続
  • メールボックスの統合
  • 既存のアーキテクチャに適合
  • データモデル
  • データを管理するためのバックオフィス
  • テンプレート
  • 変数

最適な用途:
コーディング経験のない市民開発者、エンジニアリングや建設、金融、保険、法律分野のアプリ構築、アプリ作成の効率化

Mendix

図: Mendix

概要:
ローコードエンタープライズアプリケーションプラットフォームとして、Mendix はデータ駆動型アーキテクチャを提供しながら、ゼロからアプリケーションを立ち上げるために使用されています。豊富な統合機能とアジャイル開発により、ソフトウェア開発ライフサイクル中の複雑さを解消します。このローコードプラットフォームの主な利点の1つは、マイクロフローを通じてコンポーネントベースのプラットフォームで複数のアプリを使用でき、共創力を高めることができる点です。

主な特徴:

  • 400 以上のビルディングブロックのライブラリ
  • マルチチャネルアプリ
  • 統合されたコラボレーションツール
  • プロアクティブでコンテクストを意識したアプリの管理
  • 開発および運用(DevOps)
  • マルチクラウドの展開
  • オープンかつ拡張可能なAPIによる統合
  • AI による開発支援

最適な用途:
アイデアのブートストラップ、ビジネスプロセスの俊敏性の向上とエンタープライズプロセスの自動化、アプリ開発のスピードアップ

OutSystems

図: OutSystems

概要:
OutSystems は、ローコード機能性の使いやすさとビジュアルモデル駆動の開発機能を兼ね備えたフルスタック AI 搭載アプリメーカーです。カスタム UX の構築、ビジネスプロセスの合理化、ドラッグ&ドロップ要素の助けを借りてアプリロジックを改善するために使用されます。直感的なインターフェイス、優れた製品性能、ラピッドアプリケーション開発モデルを備えています。

主な特徴:

  • ロードバランシングとオートスケーリング機能
  • アプリ内のフィードバックにより、コラボレーションを向上させ、ビジネス課題の解決を支援
  • 既存システム(SaaS、インフラ、データ)の容易な統合
  • コードベース生成
  • リアルタイムモニタリング、レポーティング、パフォーマンスダッシュボード
  • マイクロサービス・アーキテクチャ
  • DevOps の自動化
  • アクセス制御と権限管理
  • ドラッグアンドドロップビルダー
  • 完全にセキュアな機能
  • 統合されたデバッギングエンジン
  • 多言語対応
  • バッチ処理とスケジューリングに完全対応
  • ワークフロービルダー
  • ビルド済み AI コンポーネント

最適な用途:
モバイルアプリ開発、WCAG 2.1 AA および 508 条に準拠したアクセシブルなアプリケーションの作成、複雑な UI の設計とリアクティブな Web アプリとしての展開、モバイルアプリや AR/VR によるウェアラブルでの優れた体験

Pega Express

図: Pega Express

概要:
Pega Expressは、エンタープライズレベルの統合顧客関係管理(CRM)プラットフォーム Pega CRM の一部で、特許を取得した有人自動化とパーソナルボットによるデジタルプロセスの自動化を実現します。Pega は主に、反復作業を自動化し、レガシーシステムを統合する RPA(Robotic Process Automation)、ケース管理、ローコード UI 開発などに使用されています。

主な特徴:

  • 有人・無人のロボティック・プロセス・オートメーション
  • ケース管理およびビジネスプロセス管理
  • ロボットリソースの自動バランス調整
  • メールボット
  • "X-ray Vision" による前工程の削減
  • AI を活用したワークフォースインテリジェンス

最適な用途:
ビジネスプロセスのデジタル化と自動化、エンタープライズアプリの構築と同時に部門を超えたコラボレーションとより良い同期作業、UI 作成

Zoho

図: Zoho

概要:
ローコードアプリ開発プラットフォームとして、Zoho は GUI リッチな開発環境を提供し、ビジュアルプログラミングの原則に則ってアプリケーション開発を効率化します。ドラッグ & ドロップの機能を備え、プロジェクトを開始するためのコーディングはほとんど必要ありません。

主な特徴:

  • 600 以上のアプリに対応した組み込み済みの統合機能
  • カスタム UI コンポーネントと Java ライブラリの作成機能
  • ロールベースのアクセスコントロールで、より良いコラボレーションを実現
  • リアルタイムのレポートと部門横断的なデータ分析
  • Zoho 独自のスクリプト言語である Deluge を搭載
  • ドラッグアンドドロップインターフェース
  • AI 支援による移行ツールでデータをインポート
  • サードパーティアプリの統合
  • セキュアな共有、アクセス、コラボレーション
  • REST API
  • 自動化されたワークフロー
  • ウェブフォーム
  • あらかじめ用意されたテンプレート
  • BPM ツールにカメラ、バーコード、地図機能を内蔵

最適な用途:
AI 搭載アプリ、モバイルアプリ、オンラインポータル、ワークフローの自動化、企業、SMB、スタートアップ企業

Anima

図: Anima

概要:
忠実度が高いプロトタイプを作成するために使用され、デザインとプログラミングの機能をまとめた、もう一つの便利なローコードツールです。Anima は、デザイナーと開発のハンドオフをなくし、自動化されたフロントエンドのコードを生成することによって、開発を合理化します。

主な特徴:

  • React、Vue、HTML のコード生成
  • デザインツール(Sketch、Figma、Adobe XD)に直接接続するプラグインを使用可能
  • 信頼できる単一のソースを提供
  • スマートレイヤー、フロー、レイアウトオプションを使用可能
  • ブラウザでのクイックプレビュー
  • アニメーション、テキストフィールド、ホバー効果
  • 自分の成果物を他のチームと共有することが可能

最適な用途:
レスポンシブでインタラクティブな忠実度の高いプロトタイプ開発、デザイナーと開発者のハンドオフでのミスの低減


本記事はインフラジスティックス US 本社の開発ツール製品担当シニアバイスプレジデント、Jason Beres の翻訳記事です。 内容に関してご不明な場合はお問い合わせください。 オリジナルの記事はこちらよりご確認いただけます。


出典:

Reveal, “Top Software Development Challenges for 2022”

Gartner, “Future of Applications: Delivering the Composable Enterprise Published”, Dennis Gaughan, Yefim Natis, Gene Alvarez, Mark O'Neill, 11 February 2020

McKinsey, “Beyond hiring: How companies are reskilling to address talent gaps”, Sapana Agrawal, Aaron De Smet, Pawel Poplawski, Angelika Reic, February 12, 2020


  1. Gartner, “Future of Applications: Delivering the Composable Enterprise Published”, Dennis Gaughan, Yefim Natis, Gene Alvarez, Mark O'Neill, 11 February 2020