インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

UIコントロール選択ガイド - スプレッドシート

UIコントロール選択ガイド - スプレッドシート

このエントリは、「アプリケーション開発のためのUIコントロールガイド」の第2章で述べられているUIコントロール選択ガイドからスプレッドシートについて記したものです。 

全体の目次やPDF版のダウンロードについてはエントリの最後をご覧ください。

コントロールの概要

スプレッドシートコントロールは、Microsoft Excelの機能を再現するために作成された複雑なコントロールです。内部ではp44 Excelで解説されているExcel Engine/Excelフレームワークが使用されており、既存のExcelファイルを読み込むことや、ユーザーが入力、変更した内容をExcelファイルに保存する機能を提供します。

利用用途が下記のようなシナリオに限定されますが、非常に強力なコントロールです。

  • Excelファイルを読み込んで画面表示したい
  • Excelファイルをデータとして取り込む際にエラーチェックを実施し、結果を視覚的に分かりやすく表示したい、更に画面上で修正を許可したい
  • Excelのテンプレートをベースに帳票出力する場合、ユーザーにExcelのテンプレートを編集させたい

提供している機能

スプレッドシートは次のような機能を提供します。

  • 数式のサポート
  • 列の制御
  • 行の制御
  • 複数ワークシートの管理
  • Excelテーブル
  • セルの書式設定
  • セル編集
  • データ検証
  • 並び替え
  • フィルター
  • 条件付き書式
  • クリップボード

利用ポイント

  • 提供している機能を確認し、要件に合致するか確認しましょう。
    Excelを完全に再現するためのコントロールではありません。
  • 編集を許可する場合にはp16リボンコントロールを合わせて利用すると、
    ユーザーが使い慣れたUIで操作させることができます。
  • 大量のデータを処理することや細かい入力制限、エラーチェックなどには向いていません。その場合は、p22 データグリッドの利用を検討しましょう。

対応プラットフォーム 

スプレッドシートを提供しているプラットフォームは次のとおりです。
(画像をクリック・タップすると製品紹介ページへと遷移します。)

Ultimate UI for Windows Forms  Ultimate UI for WPF  Ignite UI for Angular  Ignite UI for JavaScript - ASP.NET MVC  Ignite UI for JavaScript - jQuery

スクリーンショット

UIコントロール選択ガイド - スプレッドシート - リボンと合わせてMicrosoft ExcelのUIを再現

リボンと合わせてMicrosoft ExcelのUIを再現

UIコントロール選択ガイド - スプレッドシート - セルの条件付き書式

セルの条件付き書式

UIコントロール選択ガイド - スプレッドシート - フィルタリング

フィルタリング

全体目次およびPDF版のダウンロード

「アプリケーション開発のためのコントロールガイド」ではこのエントリの他にも「有償コントロールを利用する意義」やInfragistics Ultimateで提供しているさまざまなUIコントロールの特性や利用ポイントをまとめた「UIコントロール選択ガイド」をご準備しています。

オンライン版では数週間に渡り1つ1つのトピックについて連載します。

blogs.jp.infragistics.comローカル環境で全文をご覧になりたい場合は、こちらよりダウンロード頂けます。

jp.infragistics.com