インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー

このエントリは、「アプリケーション開発のためのUIコントロールガイド」の第2章で述べられているUIコントロール選択ガイドからOutlookバーについて記したものです。 

全体の目次やPDF版のダウンロードについてはエントリの最後をご覧ください。

コントロールの概要

OutlookバーはMicrosoft Outlookで提供されているナビゲーションバーを再現するために
用意されたコントロールです。本家がメール、予定表、タスクといったように機能をグループ化しているように、アプリケーションで提供されている機能を整理してユーザーに提示できます。また、メニュー自体を縮小できるため、画面領域の節約も実現できます。
このUIは主に下記のようなシナリオでよく利用されます。

  • サブモジュールが複数存在し、それらを組み合わせて顧客に導入するようなアプリケーションのメインメニュー

  • 比較的小さな画面が想定され、メニューを常時表示できないアプリケーション

提供している機能

Outlookバーは次のような機能を提供します。

  • グループの定義、追加、削除

  • 表示グループ数の設定

  • バーの表示・非表示制御

  • コンテナ―機能を用いたグループ内部のカスタマイズ(サブグループやツリー表示)

利用ポイント

  • 1つのグループにサブグループや、ツリーを埋め込むことができますが、階層を深くしないようにしましょう。1~2階層の表示に留め、それ以降の階層に分類される機能は別ペインで表示するなど、メニュー構成を検討しましょう。

  • グループを表現するアイコンを積極的に利用しましょう。文字のみの場合に比べユーザーの理解度が高まります。

対応プラットフォーム 

Outlookバーを提供しているプラットフォームは次のとおりです。
(画像をクリック・タップすると製品紹介ページへと遷移します。)

Ultimate UI for Windows Forms  Ultimate UI for WPF

Infragistics ASP.NET Web Forms

 

スクリーンショット

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー - 機能単位でグループを定義

機能単位でグループを定義

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー - バーに表示するグループ数を変更

バーに表示するグループ数を変更

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー - バーの折り畳みと項目のフローティング

バーの折り畳みと項目のフローティング

UIコントロール選択ガイド - Outlookバー - グループ内に複雑なコンテンツを配置

グループ内に複雑なコンテンツを配置

全体目次およびPDF版のダウンロード

「アプリケーション開発のためのコントロールガイド」ではこのエントリの他にも「有償コントロールを利用する意義」やInfragistics Ultimateで提供しているさまざまなUIコントロールの特性や利用ポイントをまとめた「UIコントロール選択ガイド」をご準備しています。

オンライン版では数週間に渡り1つ1つのトピックについて連載します。

blogs.jp.infragistics.comローカル環境で全文をご覧になりたい場合は、こちらよりダウンロード頂けます。

jp.infragistics.com