インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Ignite UI サンプルを使って様々なコントロールを使ってみよう

Ignite UI for JavaScript ではグリッドやチャートなど定番のコントロールや、マップ、バーコードにレイアウトマネージャーなどなど・・・多数のコントロールを取り揃えています。

オンラインサンプルでこれらコントロールがどのように動作するのかを確認することができますが、実際に手元で動作させたい!プロパティも色々と変更してみたい!というお声をよくいただきます。手元で素早く編集・実行することのできるサンプルがある方が断然便利ですよね。

実は IgniteUI は製品インストール時に、オンラインサンプルのソースコードと HTML ベースのサンプルも一緒にインストールしています。これらサンプルは参照設定などもばっちり設定されていますので、そのまま実行することができます。コントロールを使いはじめる際には是非サンプルを利用してみてください。

 

サンプルのインストール場所はこちら

ASP.NET MVC サンプル 
C:\Users\Public\Documents\Infragistics\2013.2\IgniteUI\Samples

HTML ベースサンプル 
C:\Users\Public\Documents\Infragistics\2013.2\IgniteUI\Samples\IgniteUI.SamplesBrowser\HtmlSamples

例:HTML ベースサンプルの場合 
こんなにたくさんのコントロールが用意されています! 
 IgniteUI HTML ベースサンプル

 

もちろんサンプルはトライアルバージョンでも同様にご利用になれます。是非一度実際に手にとってコントロールの機能をお試し下さい。

 

Infragistics 製品トライアル版ダウンロード 

 

【関連記事】 
IgniteUI オンラインサンプル:コードビューで簡単モックアップ作成 
https://blogs.jp.infragistics.com/blogs/yuki-mita/archive/2014/03/25/26463.aspx