インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

WebDataGrid クリック行のデータを取得する

WebDataGrid のクリックした行のデータを取得してみます。よくあるシナリオとして、セルにボタンを埋め込み、ボタンをクリックした際にクリック行のデータを伴う処理を実施することがあります。このような場合、WebDataGrid のアクティブ化機能を利用することで簡潔に実装することができます。

実装方法

1.アクティブ化機能の有効化

下記のように WebDataGrid の Behaviors コレクションに Activation を設定します

2.アクティブ行の取得

続いてセルに埋め込まれたボタン(<input type="button" .../>)をクリックしたタイミングで発生するイベントをハンドルし、アクティブ化機能の持つアクティブセル → アクティブセルのある行 → 行上にある別のセルを辿っていきます。最終的に、クリックされた行の ID セルを取得します。 

実行結果

クリックしたボタンの配置されている行の ID セルの値を取得することができました。

WebDataGrid アクティブ化

オンラインリソース

WebDataGrid アクティブ化
https://jp.infragistics.com/help/aspnet/webdatagrid-activation 

サンプル

サンプルのダウンロード(Infragistics ASP.NET 2016 vol.2 バージョン、C#)
WebDataGrid_Activation_CS.zip

(このサンプルは 16.2.20162.2013 バージョンで作成されました。)

 

blogs.jp.infragistics.com