インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Windows Forms でホストした XamBarcode をプリンター印刷する

Infragistics 製品にはバーコードやQRコードを生成することのできるコントロールが含まれています。 Windows Forms 版には専用の UltraBarcode コントロール( UltraCode128Barcode や UltraQRCodeBarcode )がございますが、プリンターでの印刷の際にはフォームに表示されている時と比べて若干鮮明度が劣るようです。一方、 WPF 版の XamBarcode コントロールは印刷時も鮮明度が保たれます。そこで、今回は Windows Forms アプリケーションで ElementHost コントロールによってWPFコントロールであるXamBarcodeをホストし、印刷する方法をご紹介します。

Windows Forms で WPF コントロールをホストするために、まずは Windows Forms のソリューションに新規ライブラリとして「WPFユーザーコントロールライブラリ」を追加します。デフォルトの名前( WpfControlLibrary1 )のままライブラリを追加しますと、Visual Studio のソリューションエクスプローラは以下のような表示となります。

image


WPF のマークアップファイルである UserControl1.xaml が自動的に追加されています。

このファイルに、XamBarcode コントロールを配置していきます。

WpfControlLibrary1 プロジェクトの参照設定に、以下の3つの Infragistics アセンブリを追加し、

InfragisticsWPF4.Controls.Barcodes
InfragisticsWPF4.DataVisualization
InfragisticsWPF4

UserControl1.xaml には以下を追加して XamBarcode コントロールの配置を行います。

 

 

<ig:XamCode128Barcode x:Name="myBarcode" Data="test code" CodeType="Standard"/>

 


今回は XamCode128Barcode を使用しました。コードのデータは ”test code” としました。Visual Studio のデザイナ画面にバーコードが表示されていることをご確認ください。

 

image

 

次に、このユーザーコントロールを Windows Forms に追加します。
Form1.cs のデザイナ画面を開き、ツールボックスから先ほど作成した UserControl をフォーム上へドラッグドロップしてください。これにより、WPF コントロールをホストするための ElementHost は自動的に生成されます。
さらに、印刷処理実行用にボタンをフォームに追加しておいてください。


ここからは印刷処理の実装です。
バーコードコントロールを印刷するには、バーコードの画像データを一旦 Image インスタンスにしてからPrintDocumentを使用して画像の印刷を行います。


変数として Image インスタンスを以下のように宣言してから、

private Image image;


フォームに追加しておいたボタンの Click イベントを以下のように実装します。

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
	XamCode128Barcode codeToPrint = 
		(elementHost1.Child as UserControl1).FindName("myBarcode") as XamCode128Barcode;

	int height = Convert.ToInt32(codeToPrint.ActualHeight);
	int width = Convert.ToInt32(codeToPrint.ActualWidth);

	RenderTargetBitmap renderTargetBitmap = 
		new RenderTargetBitmap(width, height, 96, 96, PixelFormats.Default);
	renderTargetBitmap.Render(codeToPrint);

	using (MemoryStream outStream = new MemoryStream())
	{
		BitmapEncoder encoder = new TiffBitmapEncoder();
		encoder.Frames.Add(BitmapFrame.Create(renderTargetBitmap));
		encoder.Save(outStream);
		this.image = new System.Drawing.Bitmap(outStream);
	}

	PrintDocument printDocument = new PrintDocument();
	printDocument.PrintPage += PrintDocument_PrintPage;
	printDocument.Print();
}

private void PrintDocument_PrintPage(object sender, PrintPageEventArgs e)
{
	e.Graphics.DrawImage(this.image, new Point(0, 0));
	e.HasMorePages = false;
}

 

 

UserControl 上の XamCode128Barcode へは、ElementHost の Child から  FindName() メソッドを使用してアクセスします。ここでも XamCode128Barcode を参照しますので、必要な Infragistics アセンブリをプロジェクトの参照設定に追加してください。

 

アプリケーションを実行してみます。


clip_image005

 

XamBarcode コントロールが Windows Forms のフォームに表示されました。

ボタンのクリックでバーコードが印刷されます。

 

今回のサンプルはこちらからダウンロードいただけます。
(当サンプルは16.2.20162.1006バージョンを使用して作成されました)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。