インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Ignite UI for Angular 7.1.1リリースノート日本語訳

Ignite UI for Angular

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原です。リリースから時間が経っていますが、Ignite UI for Angular 7.1.1のリリースノートを日本語版に訳しました。

はじめに

Ignite UI for Angularは、50種類以上のマテリアルデザインに対応するAngular対応コンポーネントです。モバイル向けのコンポーネントだけではなく、データグリッドや、コンボ、カレンダーなど、業務アプリで必須の機能を持ったコンポーネントを提供しています。

Ignite UI for Angularのバージョニング

Ignite UI for Angularは、有名なセマンティックバージョニングとは異なる方式でバージョンがつけられています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

今回は、7.1.0のマイナーアップデート版です。

Ignite UI for Angular 7.1.1リリースノート日本語訳

ここからは、GitHub7.1.1リリースノートを訳したものです。読みやすいように意訳をいれていますので、必ず本文を確認してください。

不具合修正

  • グループ化領域のヘッダ内にあるソートインジケータをクリックしたさい、onSortingDoneが発生しない問題 (#3257)
  • igx-tabs-group内にigx-gridを配置したさい、IE11で正しく表示されない問題(#3047)
  • 項目の最終、最初の位置において、scrollNextおよびscrollPrevメソッドを呼び出したさいにスクロール位置が最初または最終の位置に戻ってしまう問題 (#3365)
  • igxTreeGridが親コンテナの高さを考慮しない問題 (#3467)
  • セル幅の計算時にunpinedWidthならびにtotalWidthの値を算入するように修正 (#3465)

その他

  • typedoc-plugin-localizationのバージョンを1.4.1に更新 (#3440)

最新パッケージの取得方法

Ignite UI for Angularはnpmパッケージとして公開されています。いずれかの方法で最新版を取得できます。

  • ng addコマンドを使ってAngularアプリに組み込む

  • npmを使ってAngularアプリに組み込む

  • Ignite UI CLIを使ってAngularアプリに組み込む

     

サンプルへのアクセス

Ignite UI for Angularを初めて使う、というかたはぜひこちらから