インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

igGrid Date 値のフォーマット

igGrid に日付データを表示する際、標準では yyyy/MM/dd で表示されます。今回は時刻(時分)までを表示するように設定してみましょう。利用するオプションは、列(column)に用意されている format オプションです。

 

データの形式

データは下記の形式で用意されています。RegisterDate は年月日時分を指定して値を初期化しています。

  {
  	"EmployeeID": "56250fa57ab1535722e564a6",
  	...省略...
  	"RegistererDate": new Date(2015, 07, 25, 12, 15),
  	...省略...
  }


列の定義

日付データを扱うため、dataType オプションは “date” を指定します。format オプションには「年月日時分」を表示するため “yyyy/MM/dd HH:mm” を指定します。

columns: [
    ...省略...
    {
        headerText: "登録日付",
        key: "RegistererDate",
        dataType: "date",
        format: "yyyy/MM/dd HH:mm" // 「年月日時分」を表示するフォーマットを指定
    }
    ...省略...
]


出力結果

時刻を含んだ形式で値が表示されました。

image

 

サンプルはこちらからどうぞ。 
igGrid_format.zip
(本サンプルは16.1バージョンで作成されました)

オンラインリソース 

igGrid - format オプション 
https://jp.igniteui.com/help/api/2016.1/ui.iggrid#options:columns.format