Browse by Tags

All Tags » インフラジスティックス » xamDataGrid
  • XamDataGrid 行のスタイルを変更する

    XamDataGrid では、デフォルトで選択行やアクティブ行、ホバー行など各種状態に対して青色を基調とした配色が行われています。これら行のスタイルを状況に応じて変更したいという状況はよくあります。今回は行のスタイルを状態毎に個別に変更する方法をご紹介します。   実装方法 XamDataGrid の行のスタイルは DataRecordPresenter クラスで設定することができます。XamDataGrid の各要素の構成は「xamDataGrid について」を参照下さい。 DataRecordPresenter に対するスタイルを作成します。Setter の Value には ComboBox で選択している色をバインドしています。実装の詳細は サンプル ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on February 1, 2017
  • XamDataGrid 多段明細行

    XamDataGrid ではデータを横方向に連続して表示する以外にも、データを多段表示することもできます。 データを多段で表示できると、横幅が限られた画面幅に各レコードを収めることも可能ですし、データを俯瞰しやすくなります。   実装方法 FieldLayoutSettings にある AutoArrangeCells プロパティに “Never” を指定し、グリッドのフィールドが自動的に1段で整列する動作を無効化します。 <igDP:XamDataGrid x:Name=''xamDataGrid1'' DataSource=''{Binding People}''> ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on January 10, 2017
  • XamDataGrid と XamBarcode を使ったレポートの作成

    XamDataGrid ではグリッドの内容を印刷する機能を提供しています。XamDataGrid の印刷は専用のメソッドを呼び出すことで簡単に実現することができます。今回は XamDataGrid のセルに XamBarcode(バーコードコントロール)を埋め込んで、商品リストを作ってみます。 XamDataGrid に XamBarcode を埋め込む部分は、以前にご紹介した XamDataGrid の TemplateField 機能を利用します。TemplateField 機能については下記をご覧ください。 XamDataGrid セルに任意のコントロールを埋め込む(テンプレートフィールド)  ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on January 6, 2017
  • XamDataGrid セルのスタイルを状態に応じて変更

    XamDataGrid のセルのスタイルを、行の状態に応じて変更してみます。 XamDataGrid の提供する CellBinding 機能を利用することで簡潔に実装することができます。 Title 列の CellBindings コレクションに、セルの背景色(CellValuePresenter.Foreground)と ViewModel の ForegroundColor プロパティをバインドします。 <igDP:XamDataGrid DataSource=''{Binding Tasks}'' Grid.Row=''1''> <igDP:XamDataGrid.FieldLayouts> ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on December 5, 2016
  • XamDataGrid セルに任意のコントロールを埋め込む(テンプレートフィールド)

    グリッドでの編集機能を考えたときに、エンドユーザーがどの項目を編集対象で、どの項目は表示対象であるかを表現することは操作感の向上につながります。ここでは XamDataGrid のテンプレートフィールドを利用して、エンドユーザーが見た目でどの項目を編集できるのかを表現してみます。   テンプレートフィールドを使わない場合 どの項目を編集できるかはマウス操作やキーボード操作が発生するまで見分けがつきません。   テンプレートフィールドを使った場合 「商品名」、「在庫」、「発注数」列が編集できることが所見で分かるようになりました。   ではここからテンプレートフィールドの実装を行っていきます。   テンプレートフィールドの定義 ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on December 1, 2016
  • XamDataGrid Field に ViewModel のデータをバインドする

    XamDataGrid の列に ViewModel のデータをバインドしてみましょう。例えば、ViewModel 側に編集可否を制御するフラグデータを保持しておき、フラグの状態に応じて列単位のセル編集可否を制御するシナリオを考えてみます。   ViewModel のプロパティ 編集可否を制御するフラグ、AllowTitleEdit プロパティ(デフォルト値 true)と AllowDueEdit プロパティ(デフォルト値 false)を用意します。 class MainViewModel : NotificationObject { ... private bool _allowTitleEdit; public bool ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on December 1, 2016
  • XamDataGrid 複数行表示・複数行入力

    XamDataGrid で折り返し表示と複数行入力の設定方法をご紹介します。 XamDataGrid では編集時に表示されるエディタとして、XamTextEditor や XamNumericEditor などの弊社エディタコントロールを利用しております。今回の例では string を扱うセルの折り返し表示と複数行の入力ができるようにしますので、string 列に対応する XamTextEditor へスタイリングを行うことになります。 実装方法 XamDataGrid の編集エディタには、Field.Settings.EditorStyle からスタイル設定を行うことができます。折り返し表示では、TextWrapping プロパティに Wrap ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 16, 2016
  • xamDataGrid と xamDataChart で簡易 BI アプリケーションを作る

    先日の記事では xamDataGrid にテンプレート列を作成する方法を紹介致しました。この記事で利用した xamDataGrid に、xamDataChart を加えて簡易な BI アプリケーションを作ってみます。 xamDataChart の定義 <ig:XamDataChart Name=''xamDataChart1'' Title=''Personal Score''> <ig:XamDataChart.Axes> <ig:CategoryXAxis x:Name=''xmXAxis'' ItemsSource=''{Binding Path=., ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on August 14, 2014
  • NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その5 – WPF Reporting

    これまでの記事 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その1 - 概要 NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その2 – xamMonthCalendar NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その3 – xamOutlookBar NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 日本語版 その4 – xamTabControl     今回は、NetAdvantage for WPF 2009 Volume1 ...
    Posted to Tatsuya Yamada's blog (Weblog) by Tatsuya Yamada on April 16, 2009
  • マイクロソフトのVisual Studio 2008のテクニカルセミナー

    Wow!昨日開催されたのVS2008Launchにマイクロソフト様よりご招待をいただいたことに大変感謝をしています。昨日のイベントは12月にリリース予定のVS2008のマスコミへの発表会でした。(VS2008の英語版は先週RTMしました。)インフラジスティックスはマイクロソフト様からこのイベントへの参加の打診をいただきました。幸いにもVS2008の優れた点を上げることはとても簡単です。最高の開発環境ツールといっても過言ではないでしょう。  個人的にはデザイナーと開発者がアプリケーション開発上で協力し合えるということは喜ばしいことだと思っています。もう見苦しいアプリケーションはうんざりなのです。グラフィックデザイナーと共同して、アプリケーションの見栄えをもっとよくしましょう ...
    Posted to デビッド・クーニング (Weblog) by David Keuning on November 29, 2007
Powered by Community Server (Commercial Edition), by Telligent Systems