Browse by Tags

All Tags » NetAdvantage » ナレッジベース
  • サービス リリースのダウンロードについて

    弊社製品のサービス リリースをダウンロードする方法をご紹介します。   弊社ウェブサイトの右上にある「登録者情報」メニューから「キーとダウンロード」ページに移動します。     製品登録したメール アドレス/パスワードでログインします。   ログインすると「NetAdvantage」タブ内にアカウントに紐付いている製品がリストアップされますので、サービス リリースを適用したい製品を選択します。 例:NetAdvantage for .NET 2013 Volume 1 ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 18, 2013
  • NetAdvantage、Ignite UI を特定ビルドバージョンに戻す方法

    今回はよくお問い合わせをいただく、弊社開発支援ツールを特定のビルドバージョンに戻す方法をご紹介します。 ビルドバージョンについて まずはビルドバージョンについて簡単に説明しますと、弊社の開発支援ツール(NetAdvantage や IgniteUI)は製品バージョンがリリース年、ボリューム、ビルドの3つを組み合わせで厳密に分かれています。 NetAdvantage for ASP.NET 2013 volume 1 の場合、製品 DLL に 13.1.20131.1012 や 13.1.20131.2069 などの数値が割り当てられています。この最後の 4 ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 8, 2013
  • WebDataGrid 編集データの一括更新

    グリッドでのデータ更新のタイミングはシナリオに応じて様々ですが、例えば行の編集を終えた後であったり、変更したい全てのセルの編集を終えた後などが考えられます。WebDataGrid ではデフォルト状態で行の編集後にデータ更新を行いますが、プロパティ設定により任意のタイミングで一括更新を行うこともできるようになっています。今回は一括更新の利用方法をご紹介します。   1.プロパティの設定 一括更新の有効化は至って簡単です。EditingCore.BatchUpdating プロパティに True を設定するだけで有効化できます。 <Behaviors> <ig:EditingCore ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on August 8, 2013
  • WebDataGrid セルにハイパーリンクを表示

    顧客企業一覧や商品一覧などをグリッドに表示する際に、顧客企業や商品に関するウェブサイトへのリンクも含めたい場面はよくあります。WebDataGrid では TemplateDataField にハイパーリンクを表示するコントロールを埋め込むことでリンク表示を実現することができます。 TemplateDataField の利用方法は 以前の記事でもご紹介しておりますが ASPX 側での実装方法となっていますので、本稿では動的に TemplateDataField を実装する方法をご紹介します。また、本稿を通じてテンプレート列に配置されているユーザーコントロールを動的に変更する方法もご紹介します!   1.テンプレート列を動的に追加 WebDataGrid ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 30, 2013
  • WebDataGrid JavaScript API による行追加・行削除

    WebDataGrid に DataTable データをバインドしたシナリオにおける JavaScript API による行の追加と削除をご紹介します。   1.準備 - 機能の有効化 WebDataGrid では行やセルの選択、データの編集、ページングなどの機能をサポートしておりますが、デフォルトの状態でこれらは全て無効化されております。これら機能のうち必要なもののみを有効化することができますので、実行時には使わない機能に関する HTML を生成せず、高いパフォーマンスを維持することができるようになっています。 今回は行の追加と削除を行いますので、WebDataGrid ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 26, 2013
  • WebDataGrid 長いセルの値を改行せずに表示する

    WebDataGrid ではデフォルトの状態で列幅よりも長いセルの値を列幅に応じて自動改行し、全ての情報を画面上に表示する様に動作します。但し、状況によってはセルの値を改行せずに一部のみを表示する状態を実現したいケースも出てきます。 WebDataGrid は列やヘッダ、セルなど様々な要素に対して CssClass プロパティを公開し、任意の CSS を適用してスタイリングすることができます。今回の用件では列の CssClass プロパティに改行を抑止する CSS を割り当てていきます。   1.CSSの用意 ColumnNowrap というクラス名の CSS を用意します。 white-space に nowrap を指定します。 WebDataGrid ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 22, 2013
  • WebDataGrid クリックイベントのサーバーサイド処理

    グリッド上でクリックやダブルクリック時に何らかの処理を行うというシナリオはよくあるかと思います。 WebDataGrid ではクライアントサイドイベントとして Click イベント、DoubleClick イベントがありますのでクライアントサイドでの処理を直接イベントハンドラーに組み込むことができます。 ただし、WebDataGrid にはサーバーサイドでクリックやダブルクリックに対応するイベントはありません。このため、サーバーサイドでの何らかの処理を行う際には一旦クライアントサイドの Click イベント、DoubleClick イベントをハンドルし、__doPostBack ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 19, 2013
  • WebDataGrid クライアントサイドで行・セル・列を取得

    様々なシナリオにおいて、クライアントサイドでグリッドの行やセル、列を取得する必要が生じます。今回は JavaScript でこれら情報を取得する方法をまとめました。 WebDataGrid にはこれらオブジェクトを取得するにあたり、インデクサや列キーなどを利用することができる API が用意されています。シナリオに応じてこれらを使い分けることができます。   1.行の取得 行はインデクサ指定と、データ キー指定による取得ができます。 // 方法1. インデクサ指定 var row1 = $find(''WebDataGrid1'').get_rows().get_row(1); // 方法2. ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 16, 2013
  • NetAdvantage for ASP.NET クライアントサイドプログラミング Tips

    NetAdvantage for ASP.NET でのクライアントサイドプログラミング Tips です。JavaScript コーディングでの便利機能をご紹介します。クライアントサイドでの開発を始める際に是非ご一読いただければと思います。   1.コントロールインスタンスの取得方法 Microsoft Ajax Library の $find メソッドにコントロールの ID を指定することでコントロールインスタンスを取得することができます。 // WebdataGrid1 への参照を取得 var grid = ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 10, 2013
  • WebDataGrid クライアントサイドで選択項目を取得

    WebDataGrid ではクライアントサイド、サーバーサイドの両方で選択セルや選択行の情報を取得することができます。今回はセルや行が選択された際にクライアントサイドで情報取得する方法をご紹介します。 1.選択機能の有効化 WebDataGrid では 選択機能や列固定、列並び替えなどの機能を Behaviors というコレクションによって管理しています。選択機能を利用するには、まず選択機能の有効化を行います。 WebDataGrid のデザイナから「動作の編集」 から WebDataGrid ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on July 10, 2013
  • Reporting 12.2 のインストールについて

    本日 NetAdvantage Reporting 2012 Vol.2 をリリースいたしましたが、製品をインストールする上でご注意いただきたい点がございます。 Platform Installer を利用して NetAdvantage Reporting 2012 Vol.2 をインストールする場合、下記ご確認下さい。 NetAdvantage Reporting 2012 Vol.2 リリース以前に公開されていた Platform Installer では、引き続き NetAdvantage Reporting 2012 Vol.1 がダウンロード・インストールされてしまいます。Platform Installer を利用して ...
    Posted to Developer Support - Japan (Weblog) by ymita on November 27, 2012
  • ASP.NET WebDataGrid デザイナによるプロパティ設定

    WebDataGrid にはフィルタ機能やページング機能などの便利な機能が標準で搭載されています。 これら機能は ASPX やコードビハインドにコードを記述することで利用できますが、WebDataGrid デザイナを用いて簡単に設定することもできるようになっています。今回はこの WebDataGrid デザイナの使い方を ご紹介します。WebDataGrid デザイナ起動 Visual Studio のデザイナ画面で WebDataGrid の右上の矢印をクリックすると、WebDataGrid タスクが表示されます。 タスクリストから 「動作の編集」をクリックします。   機能の有効化 WebDataGrid ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on October 13, 2011
  • ASP.NET WebDataTree ポストバックを有効にする

    WebDataTree のノードクリックや選択ノードを変更したタイミングでポストバックを行う、といったシナリオはよくあることだと思います。 ポストバックを有効にする為には、AutoPostBackFlags プロパティを有効にする必要があります。(WebDataTree のデフォルト状態ではポストバックは行われません。)          <ig:WebDataTree ID=''WebDataTree1'' runat=''server'' Height=''300px'' ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on October 5, 2011
  • ASP.NET WebDatePicker アニメーション効果を変更

    WebDatePicker  にはデフォルトでカレンダーがゆったりと開閉されるようにアニメーション効果が付けられています。 今回はこのアニメーション効果を外して、カレンダーを素早く開閉できるようにしてみようと思います。 アニメーション効果はCalendarAnimation で管理しています。それぞれプロパティに値を設定します。           protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)        ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 28, 2011
  • [WPF] xamDataGrid セルの背景色を変更する

    xamDataGrid の任意セルの背景色を変えたい、ということが場合によってはあると思います。 この場合、各セルを構成する CellValuePresenter オブジェクトの Tag プロパティと IValueConverter を組み合わせて利用します。   1.まずは各セルの Tag プロパティに値を設定します。 private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e) { // レコード1行目を取得 DataRecord record0 = this.xamDataGrid.Records[0] as DataRecord; ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 21, 2011
  • [WPF] xamDataGrid レコード セレクターを非表示にする

    xamDataGrid には行を選択すると、選択行の左横にレコード セレクターが表示されます。   レコード セレクターを非表示にする場合は、FieldLayoutSettings にある RecordSelectorLocation を ''None'' に設定します。 <igDP:XamDataGrid Name=''xamDataGrid1'' BindToSampleData=''True''> <igDP:XamDataGrid.FieldLayoutSettings> <igDP:FieldLayoutSettings ...
    Posted to Yuki Mita (Weblog) by ymita on September 15, 2011
Powered by Community Server (Commercial Edition), by Telligent Systems