Browse by Tags

All Tags » 18.2
  • [18.2] Ignite UI for Angular 2018 Vol.2新機能その2 - グリッドの新機能

    Angularグリッドの新機能 今回は2018 Vol.2で追加されたAngularグリッドの新機能をご紹介します。とはいえIgnite UI for Angularは継続的デリバリー(CD)で短期間に少しずつ機能を追加しているため、いくつかは既にご覧いただいたことがあるかもしれません。 それでは行ってみましょう!Angularで業務アプリケーションを構築する際に有用な機能ばかりです。 Outlookスタイルグループ化 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 12, 2018
  • [18.2] Indigo.Design新機能その3 – Indigo.Design Cloud

    さて、Indigo.Designの新機能紹介もこれで一区切りです。それでは行ってみましょう!今回のアップデートでは、チーム開発をサポートする機能を強化しました。 バージョン履歴のサポート 旧Indigo.Studioで作成されたプロトタイプでサポーされていた機能ですが、イメージベースのプロトタイプでも過去のデザインのバージョンを保持して置けるようになりました。 Indigo.Designでコード生成を行う場合は、最新バージョンのデザインが利用されます。 プロトタイプに関してどのような変更が行われたかについては、アクティビティメニューから確認しすることができます。 カスタム表示領域 あああIndigo.Design ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 12, 2018
  • [Indigo.Design] Indigo Design System v2を利用する場合の注意点 [サポート情報]

    前回のエントリでご紹介したIndigo Design System v2ですが、直近のSketchのバージョンアップに対応しています。そのため、下記の環境にアップデートいただきご利用ください。 Sketch 52.3 を使用 52.1/52.2と最新のIndigo.Design Sketch UIキットで提供されているパターンを使用した場合、Sketchがクラッシュする可能性があります。 Sketch のダウンロード 既存のSketch UIキットのアンインストール方法 Sketchを開き、PreferencesダイアログでLibrariesを選択 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 9, 2018
  • [18.2] Indigo.Design新機能その2 – Indigo Design System v2 (Sketch UIキット)

    前回は、Sketch Syncプラグインをご紹介しましたが、今回のリリースではSketchでUIデザインを行うために提供しているSketch UIキットもアップデートされています。 Indigo Design System v2 Indigo Design Systemは、UIデザインから忠実にアプリケーションコードを生成するための根幹をなすデザインシステムです。この仕組みのもとで画面をデザインすることで、コードの生成を担保しています。以前にご紹介していますので、そちらもご覧ください。 Indigo Design to Code (D2C) Studio – Atomic Design System Indigo Design Systemは、Sketch ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 9, 2018
  • [18.2] Indigo.Design新機能その1 – Sketch Syncプラグイン

    Indigo.DesignはUIデザインからAngularコードを自動で生成できるアプリケーションデザインプラットフォームです。以前、Indigo.Designのロードマップを紹介しましたが、今回のInfragistics Ultimate 2018 Vol.2のリリース合わせて新たな機能が実施されました。 Indigo.Design ロードマップ - 2018 それでは新機能をご紹介します。 Sketch用Indigo.Design Syncプラグイン これまでIndigo.DesignはSketchを用いてUIをデザインし、そのデザインファイルをIndigo.Design ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 8, 2018
  • [18.2] Ultimate UI for WPF 2018 Vol.2 新機能その1 - チャート

    先日提供を開始した、Infragistics Ultimate 2018 Vol.2ですが、インフラジスティックスが進めているクロスプラットフォーム戦略に則り、WPFコントロールセットにも新機能が組み込まれています。 その1はチャートコントロールの機能拡張です。 xamFinancialChart 今回のリリースでは、2018 Vol.1で提供を開始した金融向けチャートのxamFinancialChartにおいてお客様から頂戴したフィードバックをもとに、コールアウトや十字線、最終の値表示やツールチップなど、表示データを強調し、ユーザーの意思決定を支援できる機能を拡張しました。それぞれを別個のレイヤーで実装しているため、重ね合わせて使用することができます。 コールアウトレイヤー ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 8, 2018
  • [18.2] Ignite UI for Angular 2018 Vol.2新機能その1 - 新コンポーネント

    Ignite UI for AngularはAngular専用コンポーネントとして、2017年11月にリリースされました。それから約1年、コントロール数、機能数が初期リリースとは比べ物にはならないほど充実してきました。今回のリリースでも様々な新機能が追加されていますので、まずは新しく追加されたコンポーネントから見ていきましょう。 新コンポーネント Tree Grid Tree Gridは同じ列構造を持つ階層データを表示できます。製造業などでよく用いられる部品表(BOM)や、貸借対照表などが階層データの例となるでしょう。今回、AngularコンポーネントにこのTree Gridが追加されました。Tree ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 6, 2018
  • [18.2] Infragistics Ultimate 2018 Vol.2リリース!

    おまたせしました!Web、モバイル、デスクトップ全てに対応するInfragistics Ultimate 2018 Vol.2を本日リリースしました! 今回のリリースでは、主にAngularに対応する高速グリッド、チャートの機能強化、Microsoft Excelエクスペリエンスの機能向上、Indigo.Designにおけるデザインフローの改善が含まれています。このエントリではそれぞれについてご紹介します。 Angular対応高速グリッド、チャートの機能強化 Ignite UI for ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 5, 2018
Powered by Community Server (Commercial Edition), by Telligent Systems