インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Yuki

igGrid 列固定時にクリック行の背景色を動的に変更する

igGrid の列固定機能を利用した際に、クリックした行の背景色を変更する方法のご紹介です。 igGrid では、列を固定した際に、列の固定部分と非固定部分はそれぞれ別の table タグが生成されます。出力された HTML を見てみると、このようなレイアウトになっ…

UltraGrid ソートの状態をクリアする

UltraGrid では列ヘッダをクリックすることで列のソートを行うことができます。 但し、状況によってはソートをクリアして UltraGrid のデータを、グリッド初回表示時と同じ並びに戻したいことがあります。このような時には、下記コードを呼び出すことで対応…

XamDataGrid 多段明細行

XamDataGrid ではデータを横方向に連続して表示する以外にも、データを多段表示することもできます。

WebDataGrid クリック行のデータを取得する

WebDataGrid のクリックした行のデータを取得してみます。よくあるシナリオとして、セルにボタンを埋め込み、ボタンをクリックした際にクリック行のデータを伴う処理を実施することがあります。このような場合、WebDataGrid のアクティブ化機能を利用するこ…

XamDataGrid セルのスタイルを状態に応じて変更

XamDataGrid のセルのスタイルを、行の状態に応じて変更してみます。

XamDataGrid チェックボックスの変更通知タイミング

XamDataGrid では、バインドデータへの値変更通知は編集を終える(セルエディタから抜ける)タイミングで発生致します。テキスト編集では直感的な動作ですが、場合によっては編集内容を即時バインドデータへ反映したい状況があります。

XamDataGrid 列をコードビハインドで明示的に生成する

XamDataGrid の列をコードビハインドで生成する例をご紹介します。データソースには DataTable を利用しています。

XamDataGrid 複数行表示・複数行入力

XamDataGrid で折り返し表示と複数行入力の設定方法をご紹介します。 XamDataGrid では編集時に表示されるエディタとして、XamTextEditor や XamNumericEditor などの弊社エディタコントロールを利用しております。今回の例では string を扱うセルの折り返し…

igGrid 編集内容をデータベースに更新する

igGrid 上で編集を行い、編集内容をデータベースに更新するサンプルのご紹介です。Entity Framework と連携することで SQL 文を明示的に記述する必要なく、データベースへのコミットまでを行います。今回紹介するコードを反映したサンプルはこちらからダウン…

igGrid Date 値のフォーマット

igGrid に日付データを表示する際、標準では yyyy/MM/dd で表示されます。今回は時刻(時分)までを表示するように設定してみましょう。利用するオプションは、列(column)に用意されている format オプションです。 データの形式 データは下記の形式で用意…

igGrid 列のスタイリング

igGrid の列をスタイリングしてみましょう。

xamDataGrid テンプレート列に画像やボタンコントロールを埋め込む

xamDataGrid ではテンプレート列機能を提供しており、任意のユーザーコントロールをセルに表示することができますのでカスタマイズの幅が広がります。例えば行のデータを分かりやすく表示する画像の埋め込みや、入力以外の操作を行うユーザーコントロールの…

Ignite UI サンプルを使って様々なコントロールを使ってみよう

Ignite UI for JavaScript ではグリッドやチャートなど定番のコントロールや、マップ、バーコードにレイアウトマネージャーなどなど・・・多数のコントロールを取り揃えています。

igGrid セルや行などのスタイリング

igGrid ではセル、行、ヘッダなど様々な要素を簡易にスタイリングができるようグリッドの要素に対応する CSS クラスを設けています。(CSS クラスの詳細はオンラインヘルプページよりご覧になれます。) 今回は代表的な CSS クラスへスタイルを適用してスタ…

igGrid セルや行などのスタイリング

igGrid ではセル、行、ヘッダなど様々な要素を簡易にスタイリングができるようグリッドの要素に対応する CSS クラスを設けています。(CSS クラスの詳細はオンラインヘルプページよりご覧になれます。) 今回は代表的な CSS クラスへスタイルを適用してスタ…

WebDataGrid で値のフォーマット:通貨を表示してみよう!

今回は数値の通貨表示を通してセル値のフォーマット方法をご紹介します。 WebDataGrid でセル値のフォーマットを行うには、列の DataFormatString プロパティに書式を指定します。今回は数値を通貨として表示しますので、DataFormatString プロパティに {0:C…

xamGrid セル・レコード スタイリング

本稿では xamGrid のセルやレコードのスタイリング方法をご紹介します。 特定のセルやレコードの背景色、文字色をはじめ、グリッドのスタイリングは多くの場面で求められるカスタマイズです。xamGrid では CellControl クラスより背景色や文字フォントの種類…

WebDataGrid 利用方法一覧

Infragistics Ultimate UI for ASP.NET で提供させて頂いている主力グリッドコントロール WebDataGrid の利用方法エントリ一覧です。よくご質問頂く内容が中心のエントリとなっていますので、初めて WebDataGrid を利用される方や、UltraWebGrid から WebDat…

WebDataGrid 長いセルの値を改行せずに表示する

WebDataGrid ではデフォルトの状態で列幅よりも長いセルの値を列幅に応じて自動改行し、全ての情報を画面上に表示する様に動作します。但し、状況によってはセルの値を改行せずに一部のみを表示する状態を実現したいケースも出てきます。 WebDataGrid は列や…

WebDataGrid クライアントサイドで行・セル・列を取得

様々なシナリオにおいて、クライアントサイドでグリッドの行やセル、列を取得する必要が生じます。今回は JavaScript でこれら情報を取得する方法をまとめました。 WebDataGrid にはこれらオブジェクトを取得するにあたり、インデクサや列キーなどを利用する…

WebDataGrid クライアントサイドで選択項目を取得

WebDataGrid ではクライアントサイド、サーバーサイドの両方で選択セルや選択行の情報を取得することができます。今回はセルや行が選択された際にクライアントサイドで情報取得する方法をご紹介します。

Infragistics Ultimate UI for ASP.NET (旧 NetAdvantage for ASP.NET) - Firebug を使ったスタイルカスタマイズ

Infragistics Ultimate UI for ASP.NET で提供されているコントロールは Application Styling Framework により統一感のあるスタイルを提供しています。これらコントロールはデフォルトのままでも統一感のとれたきれいな外観ですが、部分的に色やイメージを…

WebDataGrid の外観変更

WebDataGrid にはセルやヘッダといったエレメントに対応する CSS クラスが用意されており、これらを変更することで外観を変更することができます。