インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Indigo.Design

Indigo.Design コードジェネレーター (v1.1.0)

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、ローカライゼーション担当の杉浦です。今日はRobのブログをご紹介します。Robはアメリカのニュージャージーオフィスで働いている Indigo.Design ツールのメインの開発者で私はローカライズ担当としてこのツールの…

Developers Summit 2019に参加いたします!

2019年2月14、15日の両日にかけてホテル雅叙園東京で行われるDevelopers Summit 2019に、株式会社コンポーネントソース様のブースにお邪魔させて頂く形で参加いたします!

Indigo.Design新機能その3 – Indigo.Design Cloud

さて、Indigo.Designの新機能紹介もこれで一区切りです。それでは行ってみましょう!今回のアップデートでは、チーム開発をサポートする機能を強化しました。

Indigo Design System v2を利用する場合の注意点 [新機能]

前回のエントリでご紹介したIndigo Design System v2ですが、直近のSketchのバージョンアップに対応しています。そのため、下記の環境にアップデートいただきご利用ください。

Indigo.Design新機能その2 – Indigo Design System v2 (Sketch UIキット)

前回は、Sketch Syncプラグインをご紹介しましたが、今回のリリースではSketchでUIデザインを行うために提供しているSketch UIキットもアップデートされています。

Indigo.Design新機能その1 – Sketch Syncプラグイン

Indigo.DesignはUIデザインからAngularコードを自動で生成できるアプリケーションデザインプラットフォームです。以前、Indigo.Designのロードマップを紹介しましたが、今回のInfragistics Ultimate 2018 Vol.2のリリース合わせて新たな機能が実施されました…

Indigo.Designロードマップ – 2018

Indigo.Designロードマップ – 2018

Indigo Design to Code (D2C) Studio #4 – Angular & Flutter対応UIコントロール & コンポーネント

またまた前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。今回が構成要素としては最後になります。

Indigo Design to Code (D2C) Studio #3 – コード生成可能なVisual Studio Codeプラグイン

前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。

Indigo Design to Code (D2C) Studio #2 – イメージベースプロトタイピング

前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。 Indigo D2C Studioの構成要素 - 参考エントリ(英語) Atomic Design System イメージベースプロトタイピング ← イマココ コード生成可能なVisual Studio Codeプラ…

Indigo Design to Code (D2C) Studio – Atomic Design System

先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioはビジュアルデザインからプロトタイプ作成、コード生成までをシームレスに実現するアプリケーションデザインプラットフォームです。

Indigo Studio V2 きたる!

2012年12月に Version1 が公開された Indigo Studio ですが、Version2(以下V2) の公開が近づいてきています!

技術ひろば.net で Indigo Studio をご紹介します!

2013年 9月 21日に技術ひろば.netで「はじめようプロトタイピング ~もう手戻りなんて言わせない~」というタイトルでプロトタイピングツール Indigo Studio のご紹介をさせていただきます。 今プロトタイピングがなぜ必要なのか、どのようなやり方があるの…

Indigo Studio 活用講座 まとめ

[2016/6/28 追記] Indigo Studioはバージョンアップを重ねるごとに機能が増えているため、最新版の情報については こちらの日本語ヘルプ よりご確認下さい。※2016年中にはツール自体及びIndigoDesign.comが完全日本語化される予定です。

Indigo Studio 活用講座 7 – プロトタイプの共有

Indigo Studioには作成したプロトタイプを共有する機能があります。 以前のブログでは、「ワンクリックで作成したプロトタイプをサーバへホストする」機能についてのみふれていますが、自分のサーバへアップロードする方法やHTML形式でアップロードする方法…

Indigo Studio 活用講座 6 – アニメーションセグメントの使用

前回のブログでは、遷移前のステートとの変更点を、設定した秒数をかけて変化させるというシンプルなアニメーションの追加方法をご紹介しました。今回はアニメーションの時間軸を区切り、セグメント毎にエレメントの追加や削除やプロパティ変更を行うという…

Indigo Studio 活用講座 5 – アニメーションの追加

前回のブログではスクリーンにインタラクションを追加する方法をご紹介しました。今回はアニメーションの追加方法をご紹介し、前回のブログで作成した”駅入替”機能にアニメーションを付加します。

Indigo Studio 活用講座 4 - インタラクションの追加

前回のブログ ではスクリーンにエレメントを配置しプロトタイプとして実行する方法をご紹介しました。今回はインタラクションの追加方法をご紹介しながら、前回作成したスクリーンに”駅入替”機能を付けたいと思います。

Indigo Studio 活用講座 3 - エレメントの配置

前回のブログではスクリーンの新規作成をご紹介しました。今回はそのスクリーン上にエレメントを配置していき、実行したいと思います。

Indigo Studio 活用講座 2 - スクリーンの新規作成

今回はIndigo Studioのスクリーンの新規作成方法とツールの各機能をご紹介します。 まずIndigo Studioを立ち上げると以下の画面が開きます。(新しいバージョンがある場合は「更新しますか?」という旨のメッセージが表示されますので、適時更新を行なってく…

Indigo Studio 最新情報

前回のブログでは、Indigo Studioがどのようなものなのか、Demo用に作成したプロトタイプを交えてご紹介させていただきました。細かい使用方法の紹介の前に、Indigo Studioの最新情報をお伝えしたいと思います。現在、Indigo Studioは無償提供されており、ご…

Indigo Studio 活用講座 1

昨年12月にリリースされたプロトタイプ作成ツール Indigo Studio 、もうみなさんお使いいただきましたでしょうか?