インフラジスティックス・ジャパン株式会社のBlog

インフラジスティックス・ジャパン株式会社のチームメンバーが技術トレンド、製品Tips、サポート情報からライセンス、日々の業務から感じることなど、さまざまなトピックについてお伝えするBlogです。

Daizen

de:code 2019で小冊子「アプリケーション開発のためのUIコントロールガイド」を配布します!

プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。5/29 - 30にプリンスパークタワー東京で開催される「de:code 2019」に今年も出展します。今回、ブースでは、「アプリケーション開発のためのUIコントロールガイドを配布します!

Infragistics Ultimate 2019 Vol.1最新情報オンラインセミナーを開催しました

プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。 「Infragistics Ultimate 2019 Vol.1」の新機能をご紹介するオンラインセミナーを2019年5月15日(水)に開催しました。

Ignite UI for Reactコンポーネントの紹介 - その1 高速グリッド

プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。先日リリースしたInfragistics Ultimate 2019 Vol.1からReact対応コンポーネントを日本でも提供開始しました。今回はその中からデータグリッドコントロールご紹介します。

Infragistics Ultimate 2019 Vol.1リリース!

プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。本日、Web、デスクトップ、モバイル全てに対応するUI開発コンポーネントスイートの最新版「Infragistics Ultimate 2019 Vol.1」をリリースしました!

BIT VALLEY -INSIDE- Vol.7を企画しました

インフラジスティックス・ジャパン株式会社プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。3月はイベントの多い月でした。3月19日に開催されたBIT VALLEY -INSIDE- Vol.7では僕自身は企画側だったので、その視点から感想をば。

2019年コミュニティ支援プログラムのご案内

インフラジスティックス・ジャパン株式会社プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。技術コミュニティの勉強会、セミナー開催をご支援するプログラムのご紹介です。

BIT VALLEY -INSIDE- Vol.7を開催します!

インフラジスティックス・ジャパン株式会社プロダクトマーケティングマネージャーの池原です。 渋谷界隈にオフィスを構える企業による合同勉強会のコミュニティ、BIT VALLEY -INSIDE- の7回目の勉強会のご案内です。

[イベントレポート] Developers Summit 2019

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原(@Neri78)です。2019年02月14日(木)、15日(金)の2日間、ホテル雅叙園東京で開催された「Developers Summit 2019」に出展しました。今回はそのイベントレポートです。

Burikaigi 2019でStackBlitzについてLTしてきました!

製品担当の池原です。毎年1月に富山で実施されているコミュニティ勉強会、「Burikaigi」に今年もお邪魔させていただき、LTさせていただきました!

Ignite UI for Angular 7.1.2リリースノート日本語訳

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原です。この間、やっと7.1.1のリリースノートを日本語に訳したのですが、先週末にIgnite UI for Angular 7.1.2が出ちゃってました。いやあ...大変だ。

Ignite UI for Angular 7.1.1リリースノート日本語訳

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原です。リリースから時間が経っていますが、Ignite UI for Angular 7.1.1のリリースノートを日本語版に訳しました。

Ignite UI for Angular 7.1.0リリースノート日本語訳

インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原です。先日リリースされたIgnite UI for Angular 7.1.0のリリースノートを日本語に訳してみました。今回の目玉はローカリゼーションサポートです。

DevRel Meetupに参加してとりいれたこと

この記事はDevRel Advent Calendar 2018の17日目です。 インフラジスティックス・ジャパン株式会社、製品担当の池原大然です。はてなBlogの初記事でもあるので自己紹介をしつつ、2018年の振り返りとDevRel Meetupについて書こうかなと。

Microsoft Connect(); を終えてInfragistics WPFコントロールと.NET Core 3

昨晩(というか、本日未明)、Microsoft Connect (); が開催されました!私は夢の中でしたが、日本からご覧になったかたが多かった模様です。 その中でも、.NET Core 3 Preview 1がリリースされたというニュースとインフラジスティックスのWPFコントロールに…

Ultimate UI for Windows Forms 2018 Vol.2新機能

安定のWindows Formsですが、まだまだ新機能が追加されています!今回のリリースでは他のプラットフォームでも追加されて機能が提供されました!

Ultimate UI for WPF新機能その3 – Excelスプレッドシート + NuGetフィード

前回はExcelファイルの作成や読み込みを行えるライブラリの新機能をご紹介しましたが、今回のそのライブラリを基盤として構築されているExcelライクなスプレッドシートコントロールの機能強化ポイントと、最新ビルドを利用可能になったNuGetフィードについて…

Ultimate UI for WPF新機能その2 – Excelライブラリのアップデート

Ultimate UI for WPF 2018 Vol.2ではExcel関連の機能がさらに充実しています。今回のエントリではそちらをご紹介します。

Ignite UI for Angular 2018 Vol.2新機能その2 - グリッドの新機能

Angularグリッドの新機能 今回は2018 Vol.2で追加されたAngularグリッドの新機能をご紹介します。とはいえIgnite UI for Angularは継続的デリバリー(CD)で短期間に少しずつ機能を追加しているため、いくつかは既にご覧いただいたことがあるかもしれません。

Indigo.Design新機能その3 – Indigo.Design Cloud

さて、Indigo.Designの新機能紹介もこれで一区切りです。それでは行ってみましょう!今回のアップデートでは、チーム開発をサポートする機能を強化しました。

Indigo Design System v2を利用する場合の注意点 [新機能]

前回のエントリでご紹介したIndigo Design System v2ですが、直近のSketchのバージョンアップに対応しています。そのため、下記の環境にアップデートいただきご利用ください。

Indigo.Design新機能その2 – Indigo Design System v2 (Sketch UIキット)

前回は、Sketch Syncプラグインをご紹介しましたが、今回のリリースではSketchでUIデザインを行うために提供しているSketch UIキットもアップデートされています。

Ultimate UI for WPF 2018 Vol.2 新機能その1 - チャート

先日提供を開始した、Infragistics Ultimate 2018 Vol.2ですが、インフラジスティックスが進めているクロスプラットフォーム戦略に則り、WPFコントロールセットにも新機能が組み込まれています。 その1はチャートコントロールの機能拡張です。

Indigo.Design新機能その1 – Sketch Syncプラグイン

Indigo.DesignはUIデザインからAngularコードを自動で生成できるアプリケーションデザインプラットフォームです。以前、Indigo.Designのロードマップを紹介しましたが、今回のInfragistics Ultimate 2018 Vol.2のリリース合わせて新たな機能が実施されました…

Ignite UI for Angular 2018 Vol.2新機能その1 - 新コンポーネント

Ignite UI for AngularはAngular専用コンポーネントとして、2017年11月にリリースされました。それから約1年、コントロール数、機能数が初期リリースとは比べ物にはならないほど充実してきました。今回のリリースでも様々な新機能が追加されていますので、ま…

Infragistics Ultimate 2018 Vol.2リリース!

おまたせしました!Web、モバイル、デスクトップ全てに対応するInfragistics Ultimate 2018 Vol.2を本日リリースしました! 今回のリリースでは、主にAngularに対応する高速グリッド、チャートの機能強化、Microsoft Excelエクスペリエンスの機能向上、Indig…

Ignite UI for Angular サンプルの実行方法

マテリアルデザインに準拠した50種類以上のAngularコンポーネントである、Ignite UI for Angularをローカル開発環境で実行できるサンプルを先日公開しました。

Indigo.Designロードマップ – 2018

Indigo.Designロードマップ – 2018

Indigo Design to Code (D2C) Studio #4 – Angular & Flutter対応UIコントロール & コンポーネント

またまた前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。今回が構成要素としては最後になります。

Indigo Design to Code (D2C) Studio #3 – コード生成可能なVisual Studio Codeプラグイン

前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。

Indigo Design to Code (D2C) Studio #2 – イメージベースプロトタイピング

前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。 Indigo D2C Studioの構成要素 - 参考エントリ(英語) Atomic Design System イメージベースプロトタイピング ← イマココ コード生成可能なVisual Studio Codeプラ…