Browse by Tags

All Tags » Indigo Studio
Showing page 1 of 2 (29 total posts)
  • Indigo Design to Code (D2C) Studio #2 – イメージベースプロトタイピング

    前回に引き続き、先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioの構成要素をご紹介します。 Indigo D2C Studioの構成要素 - 参考エントリ(英語) Atomic Design System イメージベースプロトタイピング ← イマココ コード生成可能なVisual Studio Codeプラグイン Angular & Flutter 対応 UI コントロール & コンポーネント Indigo D2C Studioとは? ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on June 15, 2018
  • Indigo Design to Code (D2C) Studio – Atomic Design System

    先日発表したIndigo Design to Code (D2C) Studioはビジュアルデザインからプロトタイプ作成、コード生成までをシームレスに実現するアプリケーションデザインプラットフォームです。 このアプリケーションデザインプラットフォームを用いることで、ビジュアルデザイナー、UXアーキテクト、プロダクトマネージャー、デベロッパーといったアプリケーション開発におけるさまざまな役割のプロジェクトメンバーが、SketchやVisual Studio Code、Angularといったそれぞれが得意とするツールを利用しながら、これまで以上により密接にソフトウェア設計および開発プロセスに携わることを可能にします。 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on June 14, 2018
  • [セミナー情報] モダンアプリケーション開発セミナー、Distinct を開催いたします!

    ここ数年のアプリケーション開発を取り巻く環境の変化はとどまることを知りません。ユーザーのニーズが多様化した現在、初期リリースでユーザーが求める要件に対する最適解を完全に満たすことは不可能ともいえます。そのため、リリースのスピードを速め、ユーザーのフィードバックを得ながら開発を進めていく DevOps の重要性が叫ばれております。開発組織にとっては、生き残るためにこれまでの開発アプローチを柔軟に進化、変革させる必要に迫られています。 このような情勢の中で、現在、多くの関心が、クラウド、AI、サーバーサイドにロジックに向けられています。しかし、どこまでいっても最終的にユーザーの目に実際に触れるのはアプリケーションであり、そのユーザー インターフェース (UI) ...
    Posted to JP Marketing (Weblog) by Daizen Ikehara on June 5, 2018
  • [UX] Indigo Studio 製品ラインアップの変更と、一部無償化を発表! [Free]

    本日、プロジェクトの初期段階において、プロトタイプの作成、共有、検証を可能にするツール、Indigo Studio について、製品ラインアップの変更と一部無償化を発表しました! Indigo Studoo とは? Indigo Studio はプロトタイプを作成する Indigo Studio クライアント(ソフトウェア名: Indigo Studio)と作成したプロトタイプの共有、レビュー、検証を提供する indigodesigned.com により構成されています。 Indigo Studio クライアントの特長 ラピッドプロトタイプイング - コードフリーでプロトタイプを作成 再利用可能なライブラリー – Sketch で作成されたデザインのインポート ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on April 23, 2018
  • [17.2] Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 最新情報オンラインセミナーを開催しました。[Slide]

    先日、11/30 に Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 の最新情報をご紹介するオンラインセミナーを開催しました。セミナーでは、下記のプロダクトについて最新情報をご紹介しました。Indigo StudioIgnite UI for AngularIgnite UI for JavaScriptInfragistics Ultimate UI for XamarinInfragistics Ultimate UI for WPFInfragistics Ultimate UI for Windows Forms スライド Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 最新機能 from インフラジスティックス・ジャパン株式会社 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on December 6, 2017
  • Angular フレームワークを活用した業務用 Web アプリ開発最新情報セミナー開催

    ここ数年、Web アプリ開発における JavaScript ライブラリー、フレームワークトレンドの変遷がこれまで以上に早く、かつサイクルが短期化する傾向にあります。昨年ポピュラーであったフレームワークが来年も同じような勢いを持つとは限りません。 上記のような状況ではあるものの、様々な JavaScript ライブラリーのエンタープライズ領域への適用は拡大しています。 「業務システム開発においてどの技術を採用するか」はもちろん非常に重要な選択ですが、技術、手法の理解もこれまで以上に重要となってきます。 今回、現在の Web ...
    Posted to JP Marketing (Weblog) by Daizen Ikehara on November 30, 2017
  • [17.2] Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 最新情報オンラインセミナー開催

    モバイル、Web、デスクトップ全てに対応する統合開発コンポーネントスイート Infragistics Ultimate の最新バージョンである、2017 Vol.2 をリリースいたしました! 今回のオンラインセミナーでは、2017 Vol.2 の新機能についてご紹介します。 開催概要 名称:Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 最新情報オンライン セミナー 日時:2017 年 11 月 30 日 (木) 15:30 - 17:00 会場:オンライン開催 費用:無料 定員:無制限 対象: Infragistics 開発ツールのユーザー ...
    Posted to JP Marketing (Weblog) by Daizen Ikehara on November 28, 2017
  • [17.2] Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 リリース!

    本日、Web、モバイル、デスクトップ全ての開発を支援する開発コンポーネントスイート、Infragistics Ultimate の最新バージョン、Infragistics Ultimate 2017 Vol.2 をリリースしました! 今回のリリースでは、多くのお客様からご要望をいただいた、Angular コンポーネントが正式にラインナップへ加わりました!このコンポーネントはモバイル、タブレット、デスクトップ向けアプリケーションを Angular で構築する際にご利用いただけるコンポーネントです。 このエントリでは Ignite UI for Angular の紹介も含めて新機能のハイライトをご紹介します。 新製品、Ignite UI for Angular を提供開始! ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 21, 2017
  • [キャンペーン情報] Infragistics Ultimate が 30% Off – 12 月末まで

    Infragistics Ultimate 特価キャンペーン、実施中! インフラジスティックス・ジャパン株式会社では、2017 年 11 月 1 日から 2017 年 12 月 31 日までの期間限定で弊社開発ツール製品の最上位エディションである Infragistics Ultimate を 30% OFF ...
    Posted to JP Marketing (Weblog) by Daizen Ikehara on November 6, 2017
  • [セミナー情報] 2017 年 9・10 月 - プロトタイピング、Xamarin.Forms、Angular 各種ハンズオン開催のご案内

    9 月、10 月も定期ハンズオンを開催いたします。各ハンズオン セミナーではそれぞれのトピックに関連したセッションとツール、製品をご体験いただけるお時間を予定いたしております。 [9/27] 今日から始めるプロトタイピング!無料体験セミナー 多様化するUIを背景に、アプリケーション開発における手戻りの防止やチーム内での意識合わせを 目的に、プロトタイピングのニーズが高まりつつあります。本セミナーでは、プロトタイピング デザイン ツール 「Indigo Studio」 ハンズオンを通じ、プロトタイプの作成からその評価、 ユーザビリティの確認までの一連のプロセスを体験いただけます。 [9/29] Xamarin.Forms 対応開発ツールを使用した ...
    Posted to JP Marketing (Weblog) by Daizen Ikehara on September 6, 2017
  • Write Fast, Run Fast: Infragistics Ultimate 2017 Vol.1 の新機能

    モバイル、Web、デスクトップ全てに対応する UI コントロール開発スイート、Infragistics Ultimate の最新バージョンである、Infragistics Ultimate 2017 Vol.1 がリリースされました! 新機能の概要を各プラットフォームごとにご紹介します。 Ignite UI for JavaScript インフラジスティックスの開発ツールは、“Write Fast, Run Fast”—アプリケーションを迅速に開発し、また、高いパフォーマンスを実現する、というコンセプトで開発されています。今回のリリースでもこのコンセプトを踏襲しつつ、お客様からのニーズに応える新コントロールや新機能を追加しました。 スケジュール 2017 Vol.1 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on June 28, 2017
  • Indigo Studio から簡単なユーザビリティテストを実施する!

    この記事ではプロトタイピングツール Indigo Studio から生成したプロトタイプを利用し簡単なユーザビリティテストを行う方法をご紹介致します。----------------------------------------------------------1.事前にご用意ください。----------------------------------------------------------■Indigo StudioIndigo Studio の無料トライアル版のダウンロードは下記のリンクから!https://jp.infragistics.com/products/indigo-studio/download-trial■Infragistics ...
    Posted to Hyung Kim (Weblog) by hkim on May 18, 2017
  • 地図上にツイッターの検索結果を表示するアプリケーション

    今日のランチどうする? なに食べようかな~? 最近近所で流行っている食べ物ってなに? みなさんもこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか。 そこで今日は Twitter の公開 API を使って 地図上の特定位置を中心に最近投稿されたツイートを検索、 Infragistics WPF XamGeographicMap ...
    Posted to Hyung Kim (Weblog) by hkim on December 13, 2016
  • [15.2] Indigo Studio 2015 Vol.2 新機能 [Indigo Studio]

    今回から Indigo Studio のネーミングルールが他のプラットフォーム コントロール同様に 年 + ボリュームとなりました。そのため、今回のリリースでは下記の製品名となっています。 Indigo Studio 2015 Vol.2 今回のリリースにおける機能拡張は下記のとおりになります。 プロトタイピングへのコメント コレクションを利用したプロトタイプの管理と共有 リッチテキスト サポート プロパティ パネルのドッキング UI ガイドの向上 indigodesigned.com で共有されているライブラリーのダウンロード FontAwesome アイコン アイコンの反転、回転 テキスト値をベースとしたインタラクション ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on October 27, 2015
  • [15.2] Infragistics Ultimate 2015 Vol.2 提供開始! [Release]

    本日、デスクトップ、Web、モバイルなど様々な開発に対応する開発ツール、 Infragistics Ultimate の最新版である、2015 Vol.2 の提供を開始しました!! 2015 Vol.2 の概要についてはプレビューとして以前公開させていただいておりますが、より詳しい新機能のご紹介を下記にて行っております。 概要 Windows Forms WPF iOS & Android Ignite UI / ASP.NET MVCIndigo Studio   開発ツールについては下記よりダウンロードいただけます。 ぜひ、お試しください! また、最新機能をご紹介するオンラインセミナーを 2015 年 10 月 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on October 26, 2015
  • [15.2] 次期リリースに向けて - 概要

    このエントリは弊社開発ツール部門シニア バイス プレジデントである、Jason Beres の 2015/09/30 Blog にて公開された内容を元に日本語版製品の状況もふまえて作成しています。 原文:  Jason Beres » Preview - What’s Coming in 15.2 2015 Vol.2 のリリースが近づいてきました! このエントリでは次期リリースの概要をご紹介します。 現時点では日本語版のリリースを 10 月下旬に予定していますが、このリリースにおいても様々なプラットフォームで新機能や新コントロールの提供を開始します。インフラジスティックスは WPF, Windows Forms といったリッチクライアント ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on October 1, 2015
  • Indigo Studio の新しいアップデートが公開されました

    みなさん。こんにちは。 インタラクティブなプロトタイプの作成が出来るデザインツールの Indigo Studio。その新しいアップデートが公開されました。 今日は今回のアップデートの主な内容をご紹介致します。 元のネタはこちらのブログになります。  Releasing Update 4 for Indigo ...
    Posted to Hyung Kim (Weblog) by hkim on March 5, 2014
  • [13.2] Infragistics Indigo Studio 販売開始と新機能

    みなさん、お待たせいたしました! Indigo Studio が Infragistics Ultimate の中に組み込まれ、正式にサポート対象の製品となりました! 既に弊社の山口が下記エントリで Indigo Studio V2 についてご紹介していますが、今回はこの 2013 Volume 2 のリリースに合わせてアップデートされた部分をご紹介します。 Satoru Yamaguchi – Indigo Studio V2 きたる! 原文 – George Abraham Releasing Update 2 for Indigo Studio w/ iOS7 Pack 今回のアップデートでは下記の機能が Indigo Studio に追加されました! iOS 7 ...
    Posted to Daizen Ikehara (Weblog) by Daizen Ikehara on November 29, 2013
  • Indigo Studio V2 きたる!

    2012年12月に Version1 が公開された Indigo Studio ですが、Version2(以下V2) の公開が近づいてきています! V2 に盛り込まれる機能で大きなものは以下の通りです。 プラットフォームピッカー iOS プラットフォームパック タッチジェスチャー対応 トランジション効果の追加 HTML5 デバイス対応の強化 PDF 形式でのドキュメントエクスポート 大きなポイントとしてはモバイルデバイス対応が大幅に強化されたことです。特に iOS プラットフォームパックが追加されたことにより、iPhone や iPad ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on September 26, 2013
  • [Community] 技術ひろば.net で Indigo Studio をご紹介します!

    2013年 9月 21日に技術ひろば.netで「はじめようプロトタイピング ~もう手戻りなんて言わせない~」というタイトルでプロトタイピングツール Indigo Studio のご紹介をさせていただきます。 今プロトタイピングがなぜ必要なのか、どのようなやり方があるのか、といった初歩的なところから効率的な活用方法まで丁寧にご紹介できればと思います。また、無料で提供されているプロトタイピングツール Indigo Studio を使ったプロトタイプ作成デモも準備しております! 興味のある方がいらっしゃいましたら、是非お越しください! ■日時 : 2013年9月21日(土) 13:30~17:50 (受付 13:00~13:30) ■会場 : 日本マイクロソフト品川本社(SGT) ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on August 30, 2013
  • Indigo Studio 活用講座 まとめ

    [2016/6/28 追記] Indigo Studioはバージョンアップを重ねるごとに機能が増えているため、最新版の情報については こちらの日本語ヘルプ よりご確認下さい。※2016年中にはツール自体及びIndigoDesign.comが完全日本語化される予定です。   Indigo Studioは2012年末にリリースされて以来、フリーのプロトタイプ作成ツールとして多くの皆様にダウンロードいただきました。最近ではデザイン関係の教育現場で利用されるなど、ますます活用事例の幅を広げております。 日本語での情報が少なかったこともあり、Indigo Studio ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on July 12, 2013
  • Indigo Studio 活用講座 7 – プロトタイプの共有

    Indigo Studioには作成したプロトタイプを共有する機能があります。 以前のブログでは、「ワンクリックで作成したプロトタイプをサーバへホストする」機能についてのみふれていますが、自分のサーバへアップロードする方法やHTML形式でアップロードする方法が新たに追加されておりますのでご紹介します。 プロトタイプの共有 プロジェクトの管理画面(フォルダアイコンをクリック)を開き、”SHARE PROTOTYPE”と書かれたボタンをクリックします。 専用のダイアログが立ち上がるので、中央のテキストボックスに設定したいパスワード入力し(不要な場合は空白のままでOK)、”Share Link to Prototype”をクリックします。 ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on June 13, 2013
  • Indigo Studio 活用講座 6 – アニメーションセグメントの使用

    前回のブログでは、遷移前のステートとの変更点を、設定した秒数をかけて変化させるというシンプルなアニメーションの追加方法をご紹介しました。今回はアニメーションの時間軸を区切り、セグメント毎にエレメントの追加や削除やプロパティ変更を行うという、少し複雑なアニメーションの実装方法をご紹介しながら、以前ご紹介した乗換ナビアプリのプロトタイプのMap画面の起動アニメーションを作成します。 Map画面起動アニメーション(Silverlight Viewer) Map画面起動アニメーション(HTML Viewer) ※画像の読み込みに時間がかかる場合があります。 初期ステートの作成 ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on May 27, 2013
  • Indigo Studio 活用講座 5 – アニメーションの追加

    前回のブログではスクリーンにインタラクションを追加する方法をご紹介しました。今回はアニメーションの追加方法をご紹介し、前回のブログで作成した”駅入替”機能にアニメーションを付加します。 アニメーションの追加 各ステート(画面の状態)では遷移元のステートからの変更点を保持しています。”駅入換”のインタラクションを追加した際に、遷移先のステートでは「テキストボックスの位置を入れ替えた」という情報が保持されおり、この情報は画面下の「TRANSITIONS / ANIMATIONS」と書かれているウィンドウで確認することができます。 ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on May 20, 2013
  • Indigo Studio 活用講座 4 - インタラクションの追加

    前回のブログではスクリーンにエレメントを配置しプロトタイプとして実行する方法をご紹介しました。今回はインタラクションの追加方法をご紹介しながら、前回作成したスクリーンに”駅入替”機能を付けたいと思います。 新しいステートの作成 駅入替ボタンをクリックした際に、出発地(品川)と目的地(原宿)のテキストボックスを入れ替える機能を付加します。 まず、下記の図のように駅入替ボタンのプロパティウィンドウを開き、”ADD INTERACTION”をクリックします。 続いて現れる選択肢では”CHANGE THIS SCREEN”と”TO NEW STATE”を選択し、新しいステート(状態)を作成します。       ...
    Posted to Satoru Yamaguchi - 山口 慧 (Weblog) by Satoru Yamaguchi on May 12, 2013
1 2 Next >
Powered by Community Server (Commercial Edition), by Telligent Systems