Ken Azuma

インフラジスティックス・ジャパンにて、UXサービスを担当しています。
Silverlightを囲む会in東京#4で講演せさせて頂きました

前回お伝えしていたとおり、三連休の一日目、2011/10/08に、Silverlightを囲む会in東京#4で講演をさせて頂きました。「Windows 8 におけるUXとメトロスタイルアプリケーション」というタイトルで、Windows 8 とメトロを中心にお話致しました。

さすがに連休でもコミュニティの勉強会に参加されようという皆様でしたので、既にほとんどの方が Windows 8 を既にインストールして試されているようでした。皆さんにご協力頂きまして「インフラジスティックス」という名前も一緒に声に出して覚えて頂きました。ありがとうございます!

IGJP|
[ インフラジスティックス、もう覚えたかな?w ]

当日の内容は、これまでのBLOGの内容をまとめる形でお届けし、ほとんどのスライドは /build// のセッションから借りたものになります。メトロにおいてはテンプレートが多くをガイドしてくれますが、そうであるからこそメトロの構造にしっかりと目を向けて取り組みましょうということでお話をしました。

ViewArchitecture
[ view Architecture ]

上記分析の視点は前職の頃からよくお話していたアプローチですが、メトロのようなルールが明確になっているものだとそれぞれを分解することでそれぞれの関係がよりはっきりとし、テンプレートを超えた実装を行う際にそれぞれの視点を持っていることが重要になってくると考えております。

IGloves8
[ ig loves Windows 8! ]

インフラジスティックスとしては、今後Windows 8 におけるメトロスタイルアプリケーション環境も、デスクトップアプリケーション環境も、全力でサポートをしてまいります。現時点でのWindows 8 への取り組みに関する弊社のまとめはここで確認することができます。ぜひお時間のあるときにでもご覧ください。

UXworkshop
[ UX ワークショップのご案内 ]

当日もご紹介しておりましたが、今後特にデスクトップアプリケーション環境において、既存環境との互換性を持ちながらメトロスタイルアプリケーション環境との体験ギャップをいかに小さくするか、ということが大きな課題となると思われます。弊社の UX ワークショップにおいてもメトロの適用/適合については大きなトピックとして取り上げていきたいと思いますので、皆様のプロセスにメトロを組み入れるためのきっかけとして、是非ご活用ください!ご検討お願いします!

Is Silverlight OK?
[ Is silverlight OK for us? ]

こちらも当日のスライドからの抜粋ですが、Silverlightに取り組まれている皆さんは、まずは安心して大丈夫であると考えています。XAML のスキルセットはこれからも活用可能ですし、デスクトップアプリケーション環境と既存環境ではこれからもSilverlight の活躍の場があると考えています。Silverlight 5 でサポートされる機能を考えるとなおさらですね。とはいえ、これから5年/10年問題がないと言い切れるテクノロジーはほぼ存在しないと考えています。今持っているスキルセットを最大限に利用することを考えていくと良いのではないかと思います。(HTML5とのパフォーマンス比較も参考にしてみてください!)


[ 当日のスライド ]

当日のスライドについては上記の通り SkyDrive 経由で閲覧/ダウンロード可能です。また、当日の模様は会場をご提供いただいた IIJ 様のご厚意により、暫くの間こちらで閲覧可能となっております!(私の講演は2:20ごろからになります)他の皆様のセッションも大変素晴らしい内容でしたので、是非御覧ください!

コミュニティでお話させていただくと、いつも逆にパワーをいただきます!是非今後とも宜しくお願いいたします!

Posted: 11 Oct 2011, 09:34
Anonymous comments are disabled