Daizen Ikehara

インフラジスティックス・ジャパン株式会社の元デベロッパー エバンジェリスト、現製品担当の Blog
Write Fast, Run Fast: Infragistics Ultimate 2017 Vol.1 の新機能

モバイル、Web、デスクトップ全てに対応する UI コントロール開発スイート、Infragistics Ultimate の最新バージョンである、Infragistics Ultimate 2017 Vol.1 がリリースされました!

新機能の概要を各プラットフォームごとにご紹介します。

Ignite UI for JavaScript

インフラジスティックスの開発ツールは、“Write Fast, Run Fast”—アプリケーションを迅速に開発し、また、高いパフォーマンスを実現する、というコンセプトで開発されています。今回のリリースでもこのコンセプトを踏襲しつつ、お客様からのニーズに応える新コントロールや新機能を追加しました。

スケジュール

2017 Vol.1 では、多くのお客様からご要望いただいていたスケジュール コントロールが追加されました。

image

このコントロールを利用することで、カレンダーと予定の有無の表示、また予定のアジェンダを表示することができます。更に、単純な予定だけではなく、繰り返しの予定、会議室などのリソースを管理することも可能です。

image image

このスケジュールコントロールはモバイルでの利用も念頭に開発されています。

スプレッドシート

こちらも大きなコントロールの追加となります。Excel データを表示することができる、スプレッドシート コントロールを今回、提供しました。

今回のリリースではデータの表示に特化したスプレッドシートですが、合計、平均、中数、幾何平均など様々な数式がサポートされています。

グリッドラインやヘッダー、数式バーなどの表示非表示も制御することができます。

image

強化された Ignite UI グリッド

igGrid に関しても機能拡張が行われています。

Ignite UI は非常に高速なグリッドですが、高速の上に、更に機能を強化しました。まず、グリッドの表示テキストに基づいたフィルタリング機能が追加され、列単位ではなく、表示単位でデータを絞り込むことができるようになりました。

また、グループ化機能においても各グループの集計表示を新たにサポートしています。

image

更に、グリッドのキャプションにテンプレート機能が追加され、単純なテキストだけではなく、イメージやその他の HTML 要素を簡単に組み込めるようになりました。

今後は Xamarin 製品でも提供している Productivity Pack を Ignite UI 向けに提供します。

Infragistics Ultimate UI for Xamarin

Ultimate UI for Xamarin では Xamarin.Forms アプリケーションで利用可能な高速コントロールや、開発生産性を向上させる Productivity Pack を提供します。

Productivity Pack

こちらのエントリでもご紹介している Productivity Pack ですが、このリリースに合わせてデータ グリッドのコンフィギュレーターが追加されました。データバインディングのサポートや列の定義など、簡単に利用することができます。

image

image

Xamarin スケジュール

Ignite UI と同様にモバイルでの利用を想定したスケジュール コントロールUltimate UI for Xamarin にも追加されています。月の表示、アジェンダ表示など JavaScript スケジュールと同様の機能を提供します。ここからもわかるように、我々はプラットフォーム間で同じ機能セットを持つコントロールを提供するというコンセプトで開発に取り組んでいます。

Xamarin スパークライン チャート

Excel でスパークラインを利用したことがある方はその有用性はご存知でしょう。小さなスペースにおいてデータのトレンドや現在値を効率よく表示できるコンポーネントです。

Windows Forms

Windows Forms や WPF コントロールは長年に渡り多くのお客様にご利用いただいています。そのため、多くの機能が提供されていますが、本リリースでもお客様のご要望に基づいて新機能を追加しました!

WPFWindows Forms 共通

  • Windows Forms & WPF 共通: 日本の多くのお客様からご要望をいただいていました、日付エディターにおける和暦サポートを追加しました。明治、大正、昭和、平成を数字キー (1,2,3,4) やアルファベットの頭文字英数キー (m,t,s,h) を使用し、年号を選択することができます。
    image

Windows Forms

  • ラジオ ボタン:Windows Forms で提供しているスタイリング フレームワーク、AppStylist に対応するラジオボタンを追加しました。
  • 地理マップ:WPF や Ignite UI で提供している地理マップコントロールが Windows Forms にも登場です。マップでの大量のデータ表示をサポートします。
  • Peek Pop-Up: Outlook ナビゲーションバーで提供していたポップアップコントロールを単体コントロールとして提供しました。様々なコントロールと一緒に情報を提示するために利用できます。
  •    

Indigo Studio

高速プロトタイピングツール、Indigo Studio はコードを記述せずプロトタイプを迅速に作成し、開発チーム内やエンドユーザーとの認識を合わせることができます。また、このツールと indigodesigned.com を組み合わせることでデザインした意図通りにアプリケーションをユーザーが利用できるかを確かめられるユーザビリティテストを実施することが可能になります。

今回のリリースではこのユーザビリティテスト機能を拡張し、実際にユーザーがどのようにプロトタイプを操作したか、あるいはどのような表情で利用したかを記録し、改善点の分析を行う際の材料とすることができます。

Write Fast, Run Fast

いかがでしょうか?インフラジスティックスは UI コントロールだけではなく、プロトタイピングや、Productivity Pack など、開発全体を通して生産性を向上させるツールやソリューションを提供します。

また、我々の技術サポートはトライアル期間においても無償でご利用いただけますので、ぜひ、Infragistics Ultimate 2017 Vol.1 をお試しください。

Comments

No Comments

Anonymous comments are disabled