Daizen Ikehara

インフラジスティックス・ジャパン株式会社の元デベロッパー エバンジェリスト、現製品担当の Blog
Infragistics Developer Tools 2014 Volume1 – Windows Forms その 1

今回から Infragistics Windows Forms の新機能についてご紹介します。

元の記事: Jason Beres - What's New in Windows Forms in 14.1

ほかのプラットフォーム同様、2014 Volume 1 では次の領域に対して拡張が行われています。

  1. タッチ対応、Office ライクな アプリケーションの実現
  2. ブランディング & スタイリング サポートの拡充
  3. 開発生産性の向上

その 1 は タッチ対応やOffice ライクなアプリケーションについてご紹介します。

タッチ対応、Office ライクな アプリケーションの実現

今日のアプリケーションではハードウェアの進化に伴い、「タッチ」に対してどう対応していくのかという課題を抱えています。我々は過去 3 リリースにわたって Windows Forms におけるタッチ サポートを進めてきました。2014 Volume 1 においてもこれまで同様にタッチ サポートを拡充していきます。このリリースから提供されている Office 2013 リボンにおいてもこのタッチ サポートを行っています。

各 UI パーツがタッチ対応となるようにサイズを自動的に変更

Office 2013 リボンでのタッチサポート

Office テーマの拡充

Tile Panel - タッチサポートの追加

WinTilePanel コントロールが タッチ & ジェスチャー コントロールの仲間入りをしました。次の各 UI 要素でタッチ ジェスチャーがサポートされています。

  • タイル ヘッダー (Tile header area) - タッチでのドラッグ & ドロップ
  • 状態ボタン (State button) – タッチによる最小化、最大化
  • クローズ ボタン (Close button) – タッチによるタイルのクローズ

このようにタッチ、Office ライクな UI を Windows Forms で! という要件がある場合、この Infragistics Ultimate の Windows Forms コントロールが最適です。ぜひ、お試しください。

最新版は下記よりダウンロードいただけます。(サイトへの登録が必要となります)

Platform(Web)インストーラーをダウンロード フルインストーラーをダウンロード

2014 Volume1 関連エントリ:

Ignite UI

Comments

Daizen Ikehara said:

前回 に引き続き、今回も Windows Forms 2014 Volume 1 の新機能をお届けします。 元の記事: Jason Beres - What's New in Windows Forms

# April 30, 2014 10:38 PM

Daizen Ikehara said:

最終回の今回は開発生産性の向上についてお届けします。 元の記事: Jason Beres - What's New in Windows Forms in 14.1 開発生産性の向上 こちらの エントリ

# May 1, 2014 1:12 AM

Daizen Ikehara said:

今回からしばらく Infragistics WPF、Infragistics Silverlight の 2014 Volume 1 における機能拡張をご紹介します。 参考元の記事: Brian Lagunas

# May 7, 2014 1:08 AM

Daizen Ikehara said:

今回も Infragistics WPF 、 Infragistics Silverlight の 2014 Volume 1 における機能拡張をご紹介します。 参考元の記事:  Brian

# May 7, 2014 9:44 PM
Anonymous comments are disabled