Daizen Ikehara

インフラジスティックス・ジャパン株式会社の元デベロッパー エバンジェリスト、現製品担当の Blog
[WinRT] NetAdvantage for Windows UI を利用する [XAML]

前回ご紹介した WinRT 対応の NetAdvantage for Windows UI Beta を利用する方法について今回、ご紹介します。

まずは、サイトから 「Running Total」を含むサンプルをダウンロードします。

こちらの IG フォルダーにアセンリが格納されているので、こちらを使っていきます。

image

この中にはチャート、マップなどが含まれています。

image

それでは利用を開始していきます。

1. ツール ボックスにコントロールを追加

Visual Studio 2012 を起動し、ツールボックスにタブを追加します。今回は “NetAdvantage for Windows UI Beta” としました。

image

dll をドラッグ & ドロップ

図1

これで利用準備が完了です。警告が出る場合がありますが、気にせず次に進みます。

2. アプリケーションを作成

image

MainPage.xaml を開くとツールボックスの先ほどのタブにコントロールが表示されていることがわかります。

image 

3. コントロールを追加

XamDataChart コントロールを追加します。

image

必要なアセンブリへの参照や、名前空間のインポートが完了しました。後は個々の設定を行います。この XamDataChart は WPF / Silverlight 版コントロールと共通のコントロールとなりますので、Silverlight 版ヘルプ トピックをそのまま利用することが可能です。今回は下記の入門トピックを xmlns のプリフィックス以外をそのまま流用しました。

xamDataChart を利用した作業の開始

実行結果はこちら

image

サンプル ソリューション

ぜひ、お試しください。

Posted: 10 Dec 2012, 17:48

Comments

No Comments

Anonymous comments are disabled